メインメニューを開く

神谷 有樹彦(かみや ゆきひこ、1964年3月 - )は、日本男優空手家[1]で、岐神空手の代表師範。日本大学櫻丘高等学校日本大学文理学部哲学科卒。

略歴編集

13歳より極真会館総本部に入門、大山倍達より直指導を受ける。途中、退館するが、1984年に再入門。

1988年3月 初段取得。本部で指導を務める。 1992年の1月から5月迄オーストラリアにて修行[2]

1996年10月 ワイルドスタント同好会責任者就任[3]

1997年10月 パリ演武会参加[4]

2001年まで極真会館松井派所属。四段取得[5]

2002年岐神空手設立。 一時、極真会館 宗家に移籍し、五段を取得するが1年で退館。岐神空手に復帰。六段昇進[6]

戦績編集

  • 1988年 第5回全日本ウエイト制大会出場(極真会館主催)
  • 1990年 第7回全日本ウエイト制大会出場(極真会館主催)
  • 2007・2008・2011年 東都大会(日本国際空手協会主催)一般シニアクラス三位
  • 2009年 極真館全日本壮年大会軽量級三位
  • 2010年 第5回全日本クラス別空手道選手権大会(日本国際空手協会主催) 準優勝
  • 2011年 極真館全日本壮年大会軽量級 優勝
  • 2013年 極真会館(宗家)国際親善大会 一般上級型 優勝

人物編集

空手を続けながら大学卒業後、(株)ビッグバンに入社。(企画映像会社)AV[要出典]・TV・カラオケビデオ・映画等製作等の制作に携わる。4年務めフリーに転身。劇場公開映画の制作部となり「母」「魚からダイオキシン」「エロテックな関係々」「GONIN」「エイトマン」「ツルモク独身寮」「遊びの時間は終わらない」「ルビーフルーツ」「ヌードの夜」「夜がまた来る」等を製作。1993年、俳優に転身。「荒ぶる魂たち」「不夜城」「極悪」「静かなるドン THE MOVIE」「突破者太陽傳」「疾風」「Oh!マイブラザー」「ゼウスの法廷」等に出演。殺陣&出演「詐話師」「ドルフィンスルー」「今夜も絶好調」「悪の華」「ガンクレージー」「蛇道」「ダブルキャスト」「LADY DROP]「殺し屋1(空手指導・イチ吹替)」「大阪ハムレット」等がある。俳優の傍らディスコ・ヴェルファーレにてセキュリティーを務めた。その功績から、数十件のクラブのセキュリティーを管理する事となる。[要出典]その頃の経験により要人警護(ボディーガード)をする事もたまにあった。2016年、東京都知事選にて小池百合子のSPを勤める。

現在は、岐神空手の代表師範として空手指導。アクション指導・講師・俳優を務める。

出典編集

  1. ^ (月刊パワー空手参照)[要ページ番号]
  2. ^ 『パワー空手』ぴいぷる社、9月号、1992年、86頁。
  3. ^ 『ワールド空手』ぴいぷる社、1月号、1997年、139頁。
  4. ^ 『ワールド空手』 ぴいぷる社、6月号、1998年、46-49頁、59-62頁。
  5. ^ 『ワールド空手』 ぴいぷる社、6月号、1998年、64頁、95頁。
  6. ^ 「全日本空手道黒帯名鑑」[要ページ番号]

外部リンク編集