メインメニューを開く

福厳寺(ふくごんじ)は、愛知県小牧市大字大草小字地神[1]にある曹洞宗寺院で、山号は大叢山(だいそうざん)。毎年12月の第2日曜日に行なわれる秋葉三尺坊の大祭での祈祷と、火渡り神事が有名。檀家制度を改め、宗派にとらわれない寺院を目指し、会員制を取っている。

福厳寺
Fukugon temple.JPG
福厳寺山門
所在地 愛知県小牧市大字大草小字地神5229番地
位置 北緯35度17分18.67秒
東経136度59分4.38秒
座標: 北緯35度17分18.67秒 東経136度59分4.38秒
山号 大叢山、大草山(だいそうざん)
宗旨 禅宗
宗派 曹洞宗(現在は超宗派
本尊 観音菩薩(観自在菩薩)
創建年 1476年
開基 盛禅和尚
正式名 大叢山福嚴寺
文化財 絹本着色盛禅画像、陶製宝篋印塔、陶製香炉
公式HP 大叢山 福厳寺
地図
福厳寺 (小牧市)の位置(愛知県内)
福厳寺 (小牧市)
法人番号 1180005008490
テンプレートを表示

目次

歴史編集

創建は室町時代15世紀)。当時この辺りを治めていた大草城城主の西尾式部道永が、当時「名僧」と言われていた盛禅和尚に弟子入りし、寺院を建立したのが始まりである。

行事編集

秋葉三尺坊の大祭
読みは「あきばさんじゃくぼうのたいさい」。不動明王の化身とされる秋葉三尺坊大権現を祀った。「秋葉祭」とも呼ばれている。毎年12月の第2日曜日に行なわれる。朝から祈祷が続き、奉納和太鼓演奏などのイベントや、炊き出し、出店などでにぎわう。の最後にクライマックスとして行われる火渡り神事は、建物の二階をも焦がすほど燃え盛る炎の中を渡る、迫力ある神事として有名。

所蔵品・文化財編集

  • 絹本着色盛禅画像 - 大草城城主の西尾道永が描いた盛禅和尚の肖像画16世紀初頭に描かれたとされている。小牧市指定有形文化財[2]
  • 陶製宝篋印塔 - 寺院境内に建てられている陶製宝篋印塔。高さは約4m1836年瀬戸陶工である早梅亭が製作したが、1891年濃尾大地震で倒壊。現在建っているものは、1900年に復元されたものである。またこの宝篋印塔には、陶製香炉が供えられていた。小牧市指定有形文化財[3]
  • 陶製香炉[3] - 陶製宝篋印塔に供えられていた陶製の香炉。「1835年作」と銘がある。小牧市指定有形文化財。

境内編集

寺院の敷地内にある墓地には、大きな黄金観音像が建てられている。夜間はライトアップされている。

関連施設編集

  • 学校法人福厳寺学園(太陽幼稚園)

交通手段編集

JR中央線、春日井駅からタクシーで20分。

周辺編集

関連書籍編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 尾張国春日井郡大草村、尾張藩東春日井郡大草村地神、篠岡村大草
  2. ^ 絹本着色盛禅画像”. 小牧市 (2012年9月6日). 2013年5月28日閲覧。
  3. ^ a b 陶製宝篋印塔 附 天保六年在銘陶製香炉”. 小牧市 (2012年9月6日). 2013年5月28日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集