メインメニューを開く

福寿園

京都府・木津川市に本社を置く製茶会社

株式会社福寿園(ふくじゅえん)は、京都府木津川市に本社を置く製茶会社。

株式会社 福寿園
Fukujuen CO.,LTD
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
619-0295
京都府木津川市山城町上狛東作り道11
本店所在地 600-8005
京都府京都市下京区四条通富小路角
設立 1949年
業種 製造業販売業
法人番号 2130001036870
事業内容 日本茶の製造販売
代表者 取締役会長 福井正典
取締役社長 福井正憲
資本金 8,600万円
純利益 9678万5000円(2019年02月28日時点)[1]
純資産 64億7128万7000円(2019年02月28日時点)[1]
総資産 96億4597万2000円(2019年02月28日時点)[1]
従業員数 約340名[2]
主要子会社 宇治の露製茶株式会社ほか
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示
福寿園京都本店

概要編集

京都府南部地域において、宇治茶を生産・販売するうちの一社である。初代当主の名にちなんだ「伊右衛門」ブランドは、提携先であるサントリーペットボトル入り緑茶飲料として販売され、全国的に知られている[3]

福寿園は緑茶の茶葉やティーバッグ抹茶ほうじ茶といった日本茶だけでなく、茶道に使う茶器・茶道具、紅茶や菓子類なども幅広く取り扱う[4]。販売店を日本各地と、海外(ロシア連邦と東南アジア)に出店している[5]。また宇治茶の本場である京都府宇治市に、観光客向けの工房や喫茶館[6]を設けている。

木津川市の福寿園CHA遊学パークは見学者の受け入れに加えて、温室での茶栽培など研究開発も担っている[7]

元々は材木問屋として川を舟で運搬していたが、2割程茶を運ぶようになり、その後に製茶業へと移行した。

沿革[8]編集

同年、関西文化学術研究都市に福寿園CHA研究センターを開設。

  • 2001年(平成13年)シンガポール共和国に世界の福寿園 海外第一号店舗の福寿園シンガポール店をオープン。
  • 2004年(平成16年)コラボレーションブランド「伊右衛門」を発売。
  • 2007年(平成19年) 京都府宇治市に福寿園宇治工房を開設。
  • 2008年(平成20年) 京都市に京都本店をオープン。
  • 2013年(平成25年)名誉会長に福井正典、会長に福井正憲、社長に福井正興が就任
  • 2014年(平成26年)宇治市に、福寿園宇治喫茶館を開設。木津川市に、福寿園CHA遊学パークを開設。
  • 2015年(平成27年)福寿園山城工場と福寿園山城東工場が食品安全の国際規格FSSC22000の認証を取得。
  • 2017年(平成29年)木津川市に、福寿園茶問屋ストリートを開設。

脚注・出典編集

  1. ^ a b c 株式会社福寿園 第70期決算公告
  2. ^ 会社概要福寿園(2018年3月12日閲覧)
  3. ^ 伊右衛門公式サイト(2018年3月12日閲覧)
  4. ^ 福寿園オンラインショップ(2018年3月12日閲覧)
  5. ^ 店舗ご案内福寿園(2018年3月12日閲覧)
  6. ^ 宇治茶工房ご案内福寿園(2018年3月12日閲覧)
  7. ^ 福寿園CHA遊学パーク(2018年3月12日閲覧)
  8. ^ 福寿園の歴史(2018年4月2日閲覧)

関連項目編集

外部リンク編集