メインメニューを開く

福岡昭和タクシー株式会社(ふくおかしょうわタクシー)は、福岡県福岡市中央区に本社を置く、昭和グループのタクシー・バス事業者である。

福岡昭和タクシー株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
810-0004
福岡県福岡市中央区渡辺通二丁目4番35号
設立 1963年4月1日
業種 陸運業
法人番号 2290001009976
事業内容 ハイヤー事業・タクシー事業
一般貸切旅客自動車運送事業
自動車運行管理請負業
運行業務の特定派遣業
代表者 代表取締役社長 金子 直幹
資本金 1,000万円
純利益 866万8000円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 7億9600万1000円(2019年03月31日時点)[1]
外部リンク http://www.fukuokashowataxi.com/
テンプレートを表示

沿革編集

営業所等編集

  • 福岡事業本部
    • 福岡市中央区渡辺通2-4-35
  • 長尾整備工場・長尾車庫

タクシー事業編集

福岡市内を中心にタクシーハイヤーを運営している。

福岡市中心部については、1980年代後期に本社併設の福岡営業所を廃止[2]する等タクシーの営業を縮小して、中型車及びジャンボタクシー車両によるハイヤー形態での営業を主体とし、小型車によるタクシー営業は、今宿・前原両営業所のある福岡市西区今宿地区・前原市方面を主体としていた。その後、タクシー事業の規制緩和により、2006年頃からトヨタ・プリウスを主体に増車を行い、再び福岡市中心部でも「流し」を含むタクシー営業を拡大している。当初プリウスについては中型運賃が適用されていたが、2009年7月24日以降は小型運賃適用とし、利用促進を図っている。

2005年2月からタクシー無線のデジタル化を行い、GPSを用いた車両位置表示システムも導入している[3]

福岡市今宿地区でのタクシー事業からは撤退し、糸島市の福岡西部事業部は2015年4月1日に昭和自動車に移管された。

バス事業編集

 
前原市ミニバス(当時)の車両

中型・小型貸切バスを保有している。

ほかに糸島市から糸島市コミュニティバスを受託運行していたが、担当していた福岡西部事業部が昭和自動車に移管されたため、昭和自動車による運行となり撤退した。前身である「前原市ミニバス」の運行開始当初から親会社である昭和自動車とともに受託し、当時はトヨタ・ハイエースジャンボタクシー車両のみの乗合タクシーであった。「糸島市コミュニティバス」ではマイクロバス三菱ふそう・ローザ日野・リエッセトヨタ・コースター、トヨタ・ハイエースコミューター)も使用していた。

脚注編集

  1. ^ a b 福岡昭和タクシー株式会社 第57期決算公告
  2. ^ 廃止後は本社社屋1階に配車室と数台分の待機スペースを設けて福岡市中心部のタクシー営業に対応。福岡営業所跡の用地にはレストラン等向けの賃貸建物を建設。
  3. ^ 2005年1月13日付朝日新聞(西部版)

外部リンク編集