福藤豊

日本のアイスホッケー選手

福藤 豊(ふくふじ ゆたか、1982年9月17日 - )は、北海道釧路市出身のプロアイスホッケー選手。ポジションはゴールテンダーアジアリーグアイスホッケーH.C.栃木日光アイスバックス所属[1]

福藤 豊

2023年10月22日 栃木県立日光霧降アイスアリーナにて
愛称 フジ
国籍 日本の旗 日本
生誕
出生地
(1982-09-17) 1982年9月17日(41歳)
日本の旗 日本
北海道釧路市
身長
体重
6 ft 1 in (1.85 m)
183 lb (83 kg; 13 st 1 lb)
ポジション ゴールテンダー
キャッチ 左手
所属チーム H.C.栃木日光アイスバックス
学歴 東北高等学校
所属歴 コクド (2001 - 2002, 2003)
ロサンゼルス・キングス (2006-07)
SEIBUプリンス ラビッツ (2008)
デスティル・トラッパーズ・ティルブルフオランダ語版 (2009-10)
H.C.栃木日光アイスバックス (2010 - 2014)
エスビャウ・エナジーデンマーク語版 (2014-15)
H.C.栃木日光アイスバックス (2015 - )
代表 日本の旗 日本
プロ選手期間 2001年 – 現在

NHL史上初の日本人選手である[2]

経歴

編集

小学3年でアイスホッケーを始め、釧路景雲中時代は全国優勝。東北高等学校に進み、U-18世界選手権・世界ジュニア選手権などに出場。3年時には高校生初の日本代表入り。

2001年にコクド(後のプリンスホテル/SEIBUプリンス ラビッツ)に入社。

2002-03年シーズンはイーストコースト・ホッケー・リーグ(ECHL)のシンシナティ・サイクロンズ英語版でプレーした。

2004年6月27日にNHLドラフト英語版8巡目(全体238位)でロサンゼルス・キングスから指名された[注 1]。日本人選手として三浦浩幸に次ぐ史上2人目の指名だった。

2004年はキングス傘下のトップファームであるアメリカン・ホッケー・リーグ(AHL)のマンチェスター・モナークス英語版と1年契約を結ぶも(コクドは休業補償扱い)、ロックアウトによりNHLが2004-2005シーズン英語版を中止し、NHLの選手がAHLでプレーするケースが増え、押し出される形でその下部のECHLのベーカーズフィールド・コンドルス英語版でのプレーを余儀なくされた。

2005年8月9日にキングスと2年契約を結び(キングスとAHLマンチェスターと2ウェイコントラクト契約)、日本人初のNHL契約選手となった。9月17日に左足内転筋を痛めオープン戦には出場できず、9月21日にマイナー行きを通告され、AHLマンチェスターに降格。さらに、10月7日にはECHLのレディング・ロイヤルズ英語版への降格を通告され、結局2005-2006シーズンもECHLで開幕を迎えることになった。その後、AHLマンチェスターへ昇格。同年11月26日に日本人初のAHL出場を果たした。

2006年12月15日にキングズのゴールテンダーが負傷したことによる特別ルールによる48時間の期限付きでNHLに初昇格を果たし、日本人として初めてNHLのベンチ入りを果たした。期限切れ後AHLマンチェスターへ降格した。2007年1月13日にジェイソン・ラバーベラ英語版をウェイバー公示の対象から外すため、NHLに再昇格し、同日のセントルイス・ブルース戦の第3ピリオドから初出場、初の日本人NHL選手となった[2]ショーン・バーク英語版の加入に伴い、控えに戻った[2]

キングスとの2年契約が終了後、2007年6月26日にFAとなった。2007年9月、古巣でもあるECHLのコンドルスと契約。同時にAHLのマニトバ・ムース英語版のトライアウトに合格し、トレーニングキャンプに参加。

2008年秋にSEIBUプリンスラビッツを正式に退部。2008-2009シーズンはECHLのベーカーズフィールド・コンドルスでプレーした。

2009-2010シーズンはオランダのアイスホッケーリーグであるオーバーリーガ英語版デスティル・トラッパーズ・ティルブルフオランダ語版でプレー(1年契約)した。

2010-2011シーズンアジアリーグアイスホッケーH.C.栃木日光アイスバックスに加入し、日本に復帰した[4]。以降2013-2014シーズンまで所属。

2014年5月21日に栃木県庁で記者会見を開き、デンマークのアイスホッケーリーグであるスーペルリーガデンマーク語版エスビャウ・エナジーデンマーク語版に移籍することが発表された[5]。2014-2015シーズンはチームを準優勝に導いた[6]

2015-2016シーズンも海外でのプレーを模索したが、札幌でオリンピック予選が開催されることもあり、シーズン途中の9月14日にアイスバックスへの復帰を発表[6]。10月29日には日本代表のラトビア遠征に選出された[7]

2021-2022シーズンはオフの2022年5月19日にアイスバックスと契約を更新した[8]

2022-2023シーズンはオフの2023年5月28日にアイスバックスと契約を更新した[9]

 
2024年2月17日、東伏見アイスアリーナにて

2023-2024年シーズンはシーズン中のシーズン中の2023年10月31日に11月に苫小牧市にて実施されたアイスホッケー男子日本代表の国内合宿の参加メンバーに選出された[10][11]。また、12月に開催された第91回全日本アイスホッケー選手権大会にも参加。アイスバックスは優勝を果たし、福藤自身はベストGKとMVPを受賞した[12]。2024年1月16日に苫小牧市のnepiaアイスアリーナ安平町の安平町スポーツセンターにて実施されたアイスホッケー男子日本代表の国内合宿の参加メンバーに選出された[13]

オフの2024年4月8日に安平町の安平町スポーツセンターで開催された男子代表選考合宿の参加メンバーに選出された[14]。4月16日にイタリアボルツァーノで開催された2024 IIHF 男子世界選手権 ディビジョンI英語版 グループAの日本代表に選出された[15]。5月25日にアイスバックスと契約を更新した[16]

2024年-25年シーズンはシーズン開幕前の2024年7月1日に苫小牧市のnepiaアイスアリーナでのアイスホッケー男子日本代表の代表選考合宿に招集された[17]

人物

編集
 
軽井沢GKクリニックにて
(2019年5月18日)

シーズンオフの5月にはWorldHockeyLabの若林弘紀が主催するGKクリニックでデモンストレーターGKとして呼ばれる事が多く、福藤自身もシーズン中に疑問に思ったシュチュエーションでのスケーティングやセービングをGKクリニック後のプロレッスンの際に指導を受ける事がある。

詳細情報

編集

表彰

編集
アジアリーグアイスホッケー
  • ベストGK:3回(2010-11、2011-12、2012-13)
全日本アイスホッケー選手権
  • MVP:1回(2023年)
  • ベストGK:1回(2023年)

記録

編集
NHL
  • 日本人選手初のNHL出場

代表歴

編集
  • 2011年アジア冬季競技大会男子アイスホッケー日本代表
  • 2017年アジア冬季競技大会男子アイスホッケー男子日本代表
  • 2022年オリンピック3次予選男子アイスホッケー日本代表
  • 2024 IIHF 男子世界選手権 ディビジョンI グループA 日本代表

出演

編集

脚注

編集

注釈

編集
  1. ^ 架空の日本人プレイヤー“ツジモト・タロウ”が1974年バッファロー・セイバーズに指名されたこともあった[3]

出典記事

編集
  1. ^ 福藤 豊 選手紹介”. H.C.栃木日光アイスバックス. 2023年11月5日閲覧。
  2. ^ a b c 加藤じろう (2017年1月13日). “10年前の今日! 日本人初のNHLプレーヤー福藤豊が衝撃的なデビューを飾った!! ”. Yahoo. 2023年10月29日閲覧。
  3. ^ [1]
  4. ^ 日本製紙が開幕戦をかざる”. 日本経済新聞 (2010年9月18日). 2010年9月23日閲覧。
  5. ^ 栃木日光アイスバックスの福藤 デンマークへ移籍” (2013年5月22日). 2023年11月1日閲覧。
  6. ^ a b 福藤豊選手入団”. 日光アイスバックス (2015年9月14日). 2015年9月17日閲覧。
  7. ^ 2015日本代表ラトビア遠征に福藤選手が選出”. 【H.C.栃木日光アイスバックス】公式サイト (2015年10月29日). 2023年10月15日閲覧。
  8. ^ 2022-23シーズン 契約更新のお知らせ【福藤豊選手】”. 【H.C.栃木日光アイスバックス】公式サイト (2022年5月19日). 2023年11月1日閲覧。
  9. ^ 2023-24シーズン契約更新のお知らせ”. 【H.C.栃木日光アイスバックス】公式サイト (2023年5月28日). 2023年11月1日閲覧。
  10. ^ 男子代表国内合宿 11月 開催”. JIHF 公益財団法人 日本アイスホッケー連盟 (2023年10月31日). 2024年6月14日閲覧。2023年 男子代表国内合宿(11月) メンバーリスト (PDF)
  11. ^ 日本代表合宿にアイスバックスから8名選出”. 【H.C.栃木日光アイスバックス】公式サイト (2023年10月31日). 2023年11月1日閲覧。
  12. ^ 全日本アイスホッケー選手権大会(A)”. 2023年12月11日閲覧。
  13. ^ 男子代表国内合宿 11月 開催”. JIHF 公益財団法人 日本アイスホッケー連盟 (2023年10月31日). 2024年6月14日閲覧。2023年 男子代表国内合宿(11月) メンバーリスト (PDF)
  14. ^ 男子代表選考合宿(4月)”. JIHF 公益財団法人 日本アイスホッケー連盟 (2024年4月8日). 2024年7月6日閲覧。2024年男子世界選手権・国内選考合宿 メンバーリスト (PDF)
  15. ^ 2024男子代表世界選手権および事前合宿”. JIHF 公益財団法人 日本アイスホッケー連盟 (2024年4月16日). 2024年7月6日閲覧。2024年 男子世界選手権・事前合宿 メンバーリスト (PDF)
  16. ^ 2024-25シーズン契約更新選手のお知らせ”. 【H.C.栃木日光アイスバックス】公式サイト (2024年5月25日). 2024年5月27日閲覧。
  17. ^ 男子代表選考合宿(7月)”. JIHF 公益財団法人 日本アイスホッケー連盟 (2024年7月1日). 2024年7月6日閲覧。男子代表国内合宿(7月) メンバーリスト (PDF)
  18. ^ 【イベント情報】GOLDLUSHジャックデー 8/16(火) 神奈川戦@小山”. 【公式】栃木ゴールデンブレーブス|栃木県民球団|BCリーグ (2022年8月15日). 2023年10月29日閲覧。

関連項目

編集

外部リンク

編集