メインメニューを開く

秀嶋 賢人(ひでしま よしひと、1954年1月24日 - )は日本の劇作家映画監督福岡県福岡市出身。早稲田大学卒。東宝現代劇戯曲科9期修了。

人物編集

高校演劇コンクールで博多山笠祭の追い山を舞台にした処女作『あの河を泳ぎぬけ』で創作脚本賞を受賞。早稲田大学在学中に「劇団回り舞台」設立。卒業後アートシアター宿を拠点に『流転』『時流』といった作品で、今日の社会問題に通じる昭和3部作を上演。

東宝現代劇戯曲科に入所後、演劇企画室長の渡辺保や演劇評論家の藤木宏幸、演出家の増見利清らに師事。俳優養成所の講師の傍ら、教育・CMの企画制作会社に勤務。その後、秀嶋賢人事務所を開設。法人化後、事務所をフォア・ザ・ワン・プロジェクトと改名。プランニング・プロデュース事業を展開。『北京医科大学蓼科漢方センター』は中国の学術機関と地域事業体との初の合弁事業。平和をテーマに沖縄長崎広島を結んだ『Lives Run’98―いのちといのちのバリアフリー』では広島アリーナに1万人を動員した。

イラク戦争前にはロスの市民ラジオ放送局KPFKやニューヨークの9.11遺族会、市民新聞INDEPENDENTを取材。NPOのJVC、JENやJHP・学校をつくる会、シャンティボランティア会とも親交を結んだ。JEN代表で日経ウーマン大賞受賞の木山啓子とも交流がある。

一方、教育・社会問題を考える『生きる力を育む教育シンポジウム』をプロデュース。社会学者宮台真司、精神科医斎藤環、教育評論家尾木直樹と教育問題、人権問題をテーマとしたWEB「OUT」を立ち上げ、大人の固定した価値観の打破を提唱する。学術博士大日向雅美、文化人類学者上田紀行、作家宮崎学らとも交流がある。

映画や講演、ミニシンポ「MOVE」を通じて、社会参加の行動を呼びかけ、そのコンセプトを現在のNPO活動につないでいる。

東日本大震災後、福島県を中心に支援活動を展開。2011年11月東京都港区、いわき市の後援により、港区立檜町公園において「大いわき祭」を企画・主催・実施。このために、NPO法人の市民組織Social Net Project MOVEを設立。理事長に就任。2012年10月には、福島全県と一部東北地域に拡大。「福島・東北まつり」(港区・いわき市・福島市・会津若松市・福島県・福島民報社・復興庁後援)を開催。福島県内の生産、加工、販売者、市民団体との協働活動を多数実施。都民、港区民をつなぐ応援学習ツアーや交流会を開催。福島を通じて、地方の自立、再生を提言している。2013年トヨタ財団助成事業選定。2015年・2016年チャレンジふくしま風評対策委託提案事業選定。2017年・2018年福島県ふるさと・きずな維持・再生支援事業選定。

その主張は、独自の日本共同体論に基づく、日常の復権と市民協働社会の実現。市町村レベル、個人レベルでの新しい地域間市民連合をFUKUSHIMA MODELとして実現しようとしている。https://www.facebook.com/socialnetprojectmove

また、日本の古典文化・伝統芸能を基本にした演技指導にも定評があり、古典を応用した独自のワークショップメソッドを持っている。演出家鈴木忠志が開発した鈴木メソッドの強い影響がみられるが、映像演技に活用できるようにこれを独自にアレンジしている。不定期にワークショップ「花塾」を開催している。思想的には能楽の世阿弥、美術家の岡倉天心や作家サミュエル・ベケット、社会学者マックス・ヴェーバーの影響がみられる。

代表作は、舞台公演『あの河を泳ぎ抜け』(高校演劇コンクール創作脚本賞)『流転』(劇団回り舞台・東芸劇場公演)。映像作品に『東京芸術大学100周年』(東京芸術大学)『ロスト・オブ・マインド』(宝島社)『尾崎豊eyes』(日本コダック)『見えないライン』(三田村邦彦主演/すかがわ国際短編映画祭招待作品)『白紙のページ』『配偶者虐待』(東映/教育映像祭優秀作品賞)。福島県浜通りの被災をドラマ化した短編映画『誇り』『みんな生きている』(ポレポレ映画祭観客賞)。著書に、『思春期の心をつかむ会話術』(学陽書房)。『ロスト・オブ・マインド』(宝島社)。

2018年企画・監督・脚本を担当した、岩手・宮城・福島の被災地3県のいまを世界に発信する東京都制作youtube動画と英語版HP“Never foreget you from IWATE MIYAGI FUKUSIMA” 邦題『あなたを忘れない -岩手・宮城・福島から世界へー』は世界156ヶ国で視聴回数50万件超を記録している。http://www.soumu.metro.tokyo.jp/17hisaichi/hp/douga/


佐賀県との縁編集

佐賀鍋島藩の家老並の家系。日本発のアームストロング砲の開発研究者、秀島藤之助の系譜に位置する。家紋は梅。幕末の頃、鍋島藩は西洋文明の導入に進取で、鋳造のための反射炉まで保有しており、現在で言えば、国内随一のハイテク企業だった。秀島藤之助が開発したアームストロング砲開発図面はその後改良が加えられ、藤之助の死後、製造される。戊辰戦争では官軍の有力な武器として活用され、その勝利に大きな貢献を果たした。神戸操練所から海援隊を興した坂本龍馬は、鍋島藩の技術力に着目し、長崎操練所で知り合った藤之助にアームストロング砲の開発を示唆した。龍馬との交流があったためか、秀島本家は現在、高知に移っている。秀嶋賢人は分家の一派で、祖父の代に福岡市に移り、以来、その系譜は福岡市にある。

関連項目編集

外部リンク編集