メインメニューを開く

秋元 春朝(あきもと はるとも、1881年明治14年)9月10日 - 1948年昭和23年)5月13日[1])は、日本の政治家華族貴族院子爵議員。旧名・寛三郎[1]

目次

経歴編集

東京府出身。子爵毛利元功の三男として生まれ、子爵・秋元興朝の婿養子となる[1][2]1904年学習院高等科を卒業[3]イギリスに留学し、1908年バーミンガム大学商科を卒業した[2][3]。養父・興朝の死去に伴い、1917年5月15日、家督を相続して子爵を襲爵した[1][4]

1912年以降、拓殖局嘱託、拓殖局総裁秘書官逓信大臣秘書官、鉄道大臣秘書官、日英博覧会事務局嘱託、英皇太子接伴準備委員、帝都高速度交通営団監事、鉄道会議議員、海事審議会委員、上毛電気鉄道相談役などを務めた[2][3]

1915年1月、貴族院子爵議員に選出され、研究会に属して1947年5月2日の貴族院廃止まで在任した[3]

親族編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 『平成新修旧華族家系大成』上巻、21-22頁。
  2. ^ a b c 『人事興信録』第14版 上、ア73頁。
  3. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』33-34頁。
  4. ^ 『官報』第1435号、大正6年5月16日。

参考文献編集

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版 上、1943年。
日本の爵位
先代:
秋元興朝
子爵
館林秋元家第2代
1917年 - 1947年
次代:
(華族制度廃止)