秋山 勝彦(あきやま かつひこ、1967年11月29日 - )は、静岡県富士市出身の、日本柔道家である。階級は95kg級。身長174cm。得意技は内股背負投[1][2]

獲得メダル
日本の旗 日本
柔道
グッドウィルゲームズ
1990 シアトル 95kg級

経歴編集

柔道は小学校2年の時に始めた[1]日大三島高校2年の時に全国高校選手権の団体戦でチーム初となる3位に貢献して優秀選手に選ばれた[1]。3年の時にインターハイ重量級で決勝まで進むが、天理高校3年の中谷弘に敗れて2位だった[2]

1986年に日大へ進学すると、1年の時には新人体重別の95kg級決勝で東海大第五高校3年の甲斐康浩に敗れて2位だった [3]。2年の時には講道館杯体重別で3位に入ると、正力杯でも3位になった[4][5][6]。新人体重別では決勝で近畿大学2年の竹村典久を破って優勝を飾った[3]。4年の時には講道館杯の決勝で東海大学3年の甲斐に敗れて2位だった[4]。正力杯では決勝で竹村を破って優勝した[6]ブルガリア国際で国際大会初優勝を飾ると、続くドイツ国際では3位となった[2]

1990年には95kg超級及び無差別の世界チャンピオンである小川直也とともにJRAの所属となった[2]シアトルで開催されたグッドウィルゲームズでは3位だった[2]。1991年の講道館杯では決勝で大学の2年後輩にあたる日大4年の賀持道明に敗れた[4]。1994年からは実業個人選手権で2連覇を達成した[7]。一方、講道館杯では同じ職場となったJRAの賀持に決勝で敗れて2位だった[4]。続くオーストリア国際でも決勝で賀持に敗れた[2]。1995年の全日本選手権では準々決勝まで進むと、86kg級の世界チャンピオンである旭化成中村佳央と対戦した。その試合では肩車体落で有効を取られると、終了と同時に腕挫十字固を極められて敗れたが5位に入った[8]。1997年の体重別では階級を上げてきた中村佳央に決勝で敗れて2位だった[5]

戦績編集

(出典[2]JudoInside.com)。

脚注編集

外部リンク編集