メインメニューを開く

秋本真吾

秋本 真吾(あきもと しんご、1982年4月7日 - )は、福島県大熊町出身の元陸上競技選手。現在はスプリントコーチ。夫人は元スピードスケートおよび自転車競技選手の大菅小百合

秋本 真吾 Portal:陸上競技
選手情報
国籍 日本の旗 日本
種目 400m障害走
所属 ARIGATO OKUMA
生年月日 1982年4月7日
生誕地 福島県大熊町
身長 183cm
体重 75kg
自己ベスト 400mH:50秒12(2006年)
100m:10秒44(2008年)
200m:21秒2(2005年)
400m:47秒45(2010年)
110mH:14秒41(2005年)
200mH:22秒80(2010年)元アジアタイ記録、元日本タイ記録
編集 テンプレートのヘルプを表示する

目次

プロフィール編集

大熊町立大熊中学校から福島県立双葉高等学校をへて国際武道大学体育学部卒。最終学歴は国際武道大学大学院修士課程修了。

大学院修士課程修了後、アジアパートナーシップファンド(APF)に所属。その後は釣具会社アムズデザインに就職しチームアイマに所属。その後はプロになるため独立。スポンサーにサプリメント会社ペプトワンピーエスと契約。2012年のロンドンオリンピックの選考会となった日本選手権を最後に現役を引退。

自身がプロとなってからプロ野球チームオリックス・バファローズやアメリカンフットボールチームオービックシーガルズなどの指導を行った。オリックス・バファローズには定期的にキャンプへ行き選手の指導を行った[1][2][3]。2013年にはなでしこリーグチャンピオンチームINAC神戸レオネッサにランニングの指導をした[4]。プロになる以前から陸上選手で昔から親睦の深い為末大と共に全国各地で陸上を通じて子供達に陸上教室を行っている[5]。その後も為末と各地で陸上教室を催している[6]。2011年に広島県フラワーフェスティバル東京都主催の浅草ストリート陸上などで共演している。

2011年3月11日の東日本大震災により故郷である福島県大熊町が被災。大熊町は福島第一原子力発電所事故の影響により帰宅困難地域となっている。実家は福島第一原子力発電所から7kmの位置にある。 大熊町の中学生にスパイクやユニフォームを寄付する活動を行った。自身のHPで缶バッジを販売しその寄付金でハードルを購入し大熊町の小学生にハードル授業を行うなど率先した支援活動を続けている[7]

2012年6月のロンドンオリンピックの選考会である日本選手権後に自身のtwitter、blog等で引退を発表。アキレス腱痛を抱えてのレースだったことを明かした。

引退後はプロ野球選手130名、Jリーガー、女子サッカー選手合わせて150名以上を指導。[要出典]ラグビー、アメフトなど多くの名門大学にてスプリント指導を実施している。[要出典]自治体と組んだ学校への派遣授業なども展開。全国の小学校中学校で講演なども幅広く実施。[要出典]

現在は地元でもある福島県大熊町の子どもたちを支援する被災地支援団体ARIGATO OKUMA[8]の代表、福島県の児童養護施設の園児をサポートする団体NPO法人BLUE FOR TOHOKU[9]の福島ボランティアチームとしても活動している。

2014年8月15日、元スピードスケートおよび自転車競技選手の大菅小百合と結婚した[10]

2015年 スポーツメーカーのNIKEと契約。NIKEランニングエキスパート、NRCコーチに就任。

2016年10月に行われた全日本マスターズ陸上にてM30クラスの100mで優勝した。

2016年11月にはプロ野球阪神タイガースの秋季キャンプに臨時ランニングコーチとして帯同[11]、それ以降の阪神のキャンプや自主トレにも参加している他[12][13][14]、2017年はシーズン中にも継続的に指導を行っていた[15]

2017年3月20日に第一子(長女)が誕生した。

福岡ソフトバンクホークスの内川聖一のランニングコーチとして契約を結び、自主トレに帯同した。

経歴編集

中学時代編集

中学時代はバスケットボール部に所属。陸上は3年間棒高跳の選手。最高実績は福島県大会7位。[要出典]

高校時代編集

双葉高校進学後、陸上部へ入部。1年目は棒高跳三段跳に多く出場している。どれも県大会予選落ちという結果。2年目からトラック種目に出場し始める。本格的に始めた400mハードルでは県新人大会にて5位入賞。3年目では400mハードルにて東北大会で6位入賞を果たしインターハイ出場を決めた。インターハイでは予選落ちに終わっている。[要出典]

大学時代編集

国際武道大学進学後、順調に記録を伸ばし3年目でグランプリシリーズ初入賞。4年目では国体、グランプリシリーズで入賞。初の日本ランキングトップテン入りする。[要出典]

大学院時代編集

国際武道大学大学院進学後は、1年目、2年目と日本選手権ファイナリストに。2年目のシーズン最終戦である実業団・学生対抗陸上競技大会で自己ベストである50秒12を記録した。200mハードルでは22秒86の学生最高記録を樹立した。修士論文の題目は「大腰筋の筋肥大が疾走パフォーマンスに及ぼす影響」。

社会人時代編集

アジアパートナーシップファンド(APF)に所属時代は2年連続でグランプリ入賞を果たす。その後、釣具会社アムズデザインに就職しチームアイマに所属。全日本実業団4×400mR 優勝(4走)。400mハードルグランプシリーズで2位、4年ぶりに日本選手権ファイナリストとなった。秋には特殊種目の200mハードルにて22秒80のアジア最高記録、日本最高記録を樹立した。

プロ時代編集

2010年に釣具会社アムズデザインを退職しプロとなった。スポンサーはピーエスペプトワン。2011年はグランプリシリーズで入賞を果たすも怪我アキレス腱痛左膝靭帯損傷に悩まされ後半シーズンはハードルレースに出場する事ができなかった。

2012年のロンドンオリンピックの選考会を最後に現役を引退。

現在編集

Jリーガー、プロ野球選手、ラグビー、アメフト選手など幅広くランニングのコーチとして指導。[要出典]

年間1万人を超える[要出典]小中学生にも走り方教室を展開。

記録編集

100m 200m 400m 110mH 400mH 200mH 戦績
2000年(高3) 11秒6 23秒0 49秒94 55秒06 400m(福島県大会5位)400mハードル(福島県大会2位、東北大会6位)
2001年(大1) 49秒2 52秒73 400mハードル(東北選手権5位)
2002年(大2) 48秒6 52秒01 400mハードル(東北選手権2位)
2003年(大3) 48秒3 51秒53 400mハードル(グランプリシリーズ石川8位)
2004年(大4) 48秒34 50秒85 400mハードル(関東インカレ1部5位、グランプリシリーズ静岡7位、グランプシリーズ群馬6位、国民体育大会8位)
2005年(院1) 21秒2 14秒44 50秒80 23秒31 400mハードル(関東インカレ2部2位、日本選手権7位、グランプリシリーズ群馬7位)
2006年(院2) 10秒83 47秒99 50秒12 22秒89 400mハードル(関東インカレ2部1位、日本選手権8位、日本インカレ4位、国民体育大会5位)
2007年(社1) 51秒25 400mハードル(グランプリシリーズ和歌山5位)
2008年(社2) 10秒44 21秒55 51秒43 400mハードル(グランプリシリーズ和歌山6位)
2009年(社3) 10秒67 51秒20 400mハードル(全日本実業団6位)
2010年(社4) 10秒60 21秒63 47秒45 50秒20 22秒80 400mハードル(日本選手権5位、グランプリシリーズ2位、全日本実業団3位)
2011年(社5) 10秒63 21秒60 47秒93 50秒45 グランプリシリーズ5位
2012年(社6) 10秒85

エピソード編集

  • 100mのベストは10秒44。2009年には100mで日本選手権、グランプリシリーズに出場。
  • 特殊種目である200mハードルの元アジア最高記録、元日本最高記録保持者。2017年城西大学の渡部佳朗によって更新。
  • INAC神戸レオネッサのスプリントコーチを務めた。川澄奈穂美のblogでもその様子が紹介された[16]。そこでINAC神戸レオネッサのMF清水あかねと競争しけんけんで勝負に勝つ。INAC神戸のスタッフBLOGでもトレーニングの様子を紹介している[17]
  • Jリーガー、なでしこリーグ合わせて150名以上の選手に走り方を指導。代表的な選手は、浦和レッズ槙野智章、宇賀神友弥、川崎フロンターレ小林悠、大久保嘉人、大島僚太、谷口彰悟、マインツ武藤嘉紀など。
  • 2014年吉本陸上ザ・ゴールデンにおいて百獣の王武井壮からの刺客として登場。100mでは8mハンデ付きレースで吉本芸人らと対決。10秒95と圧勝。走り幅跳びではハンデ付きでジャルジャルの福徳秀介と対決。僅差で勝利した。
  • 行列のできる法律相談所に妻である大菅小百合と出演。
  • キスマイBUSAIKUにかっこいいハードル走の見本として出演した。
  • TBS系列炎の体育会TVに出演。4×400mリレーのアンカーとして出場し番組史上最大の逆転劇を演じた。
  • ももいろクローバーZのももクロ夏のバカ騒ぎ2017において、武井壮とのリレー対決に備え、メンバーの走りのトレーニングコーチとして出演。

脚注編集

  1. ^ オリックスT-岡田30m走!尻上がり 日刊スポーツ (2011-01-21).
  2. ^ オリ走力アップへハードル選手が走法伝授 日刊スポーツ (2011-11-09).
  3. ^ 127キロ李大浩走りもOK 日刊スポーツ (2012-02-06).
  4. ^ 川澄ハードラー走法「新たな発見 日刊スポーツ (2013-02-02).
  5. ^ 為末大が地元広島でストリート陸上 msn産経ニュース (2011-05-04). 2012年4月5日閲覧
  6. ^ 平成23年5月12日 幼児教育従事者研究開発機構 (2011-05-13). 2012年4月5日閲覧
  7. ^ ハードラー秋本、故郷・福島への思いを胸に五輪挑戦の舞台へ=陸上日本選手権 sportsnavi (2012-06-05).
  8. ^ ARIGATO OKUMA ホームページ
  9. ^ BLUE FOR TOHOKU ホームページ
  10. ^ 大菅小百合さん:元陸上選手の秋本真吾さんと結婚 毎日新聞 (2014-08-18). 2014年8月18日閲覧
  11. ^ HOT!!プロ野球:トラ「超変革」再挑戦 金本阪神、高知・安芸で秋キャンプ 走塁・打撃、若手ビシバシ 毎日新聞 2016年11月22日
  12. ^ 盗塁数伸び悩む阪神、元陸上選手が走りを指導 朝日新聞 2017年2月4日
  13. ^ 阪神安芸秋季キャンプで秋本真吾氏が走りの指南 日刊スポーツ 2017年11月9日
  14. ^ 秋本氏、阪神・糸井にも盗塁増“足スト”へ!「もっといくんじゃないかと」 SANSPO.COM 2018年1月20日
  15. ^ 阪神を足から変えた“走りのプロ”の革命 選手も驚き「もう10年早く知りたかった」 THE ANSWER 2017.10.12
  16. ^ 写真!! 川澄奈穂美blog.
  17. ^ スプリント指導 INAC神戸レオネッサスタッフブログ.

外部リンク編集