一般財団法人秋田県総合公社(あきたけんそうごうこうしゃ)は、秋田県が保有する体育・文化施設等の管理・運営等を行う法人。スポーツ・文化の振興、産業廃棄物の適正処理、脳血管医学の振興に寄与する事業など、県民福祉の向上を目的として、2000年(平成12年)に既存の4法人を統合して設立された。

公社概要編集

沿革編集

  • 2000年(平成12年)4月1日 - 秋田県環境保全公社を存続法人として、秋田県脳血管医療施設管理公社、秋田県脳血管医学振興会、秋田県スポーツ振興事業団の4財団法人が統合し、財団法人秋田県総合公社が設立され、秋田県等から15施設の管理運営および4施設の業務を委託された。
  • 2004年(平成16年)3月19日 - 秋田県の指定管理者制度第1号として秋田県立武道館の管理運営を行う。
  • 2006年(平成18年)4月1日 - 秋田県環境保全センター他13施設について指定管理者として管理運営を行う。

業務内容編集

  • 県有施設等の管理運営
  • 産業廃棄物処理に関する事業や脳血管研究センター等の業務受託等、各種事業の実施と利用の促進
  • 秋田県が出資する法人間の調整

指定管理者として管理運営している秋田県の施設編集

外部リンク編集