メインメニューを開く
秋田青年師範学校
(秋田青師)
創立 1944年
所在地 秋田県四ツ小屋村
(現・秋田市)
初代校長 中島桂蔵
廃止 1951年
後身校 秋田大学
同窓会 旭水会

秋田青年師範学校 (あきたせいねんしはんがっこう)は、1944年昭和19年)に設立された青年師範学校である。

目次

概要編集

  • 1924年大正13年)設立の秋田県立実業補習学校教員養成所を起源とする。
  • 1944年、秋田県立青年学校教員養成所(1936年設立)の国への移管により秋田青年師範学校となった。
  • 第二次世界大戦後の学制改革で新制秋田大学学芸学部(現・教育文化学部)の前身の1つとなった。

沿革編集

  • 1924年3月12日 - 文部省により秋田縣立實業補習學校敎員養成所設立認可。
  • 1924年4月1日 - 南秋田郡旭川村泉(現・秋田市)の秋田縣農業試験場に附設されて開所。
  • 1936年3月 - 秋田縣立青年學校敎員養成所と改称(2年制)。
  • 1941年7月 - 河辺郡四ツ小屋村小阿地(現・秋田市)の独立校舎に移転。
  • 1944年4月1日 - 官立移管され、秋田青年師範學校となる(本科3年制)。
  • 1949年5月31日 - 新制秋田大学発足。
    • 秋田師範学校と共に学芸学部の母体として包括された。
    • 秋田青年師範學校校地には学芸学部四ツ小屋農場が設置された。
  • 1951年3月31日 - 秋田大学秋田青年師範学校(旧制)、廃止。

歴代校長編集

秋田県立実業補習学校教員養成所長(1924年3月 - 1935年3月)

  1. 佐藤昌(1924年3月 - 1925年3月)
  2. 足立啓次(1925年4月 - 1933年7月)
  3. 山口巖太郎(1933年9月 - 1935年3月)

秋田県立青年学校教員養成所長(1935年4月 - 1944年3月)

  1. 山口巖太郎(1935年4月 - 1936年3月)
  2. 伊藤久松(1936年4月 - 1938年1月)
  3. 稲内清二(1938年1月 - 1940年3月)
  4. 高橋昇(1940年4月 - 1941年5月)
  5. 小泉松五郎(1941年5月 - 1944年3月)

秋田青年師範学校長(1944年4月 - 1951年3月)

  1. 中島桂蔵(1944年4月 - 1945年11月)
  2. 瀬戸金治(1945年11月24日[1] - 1949年10月)
  3. 野口洪基(1949年11月 - 1951年3月)

校地の変遷と継承編集

前身の秋田県立青年学校教員養成所から引き継いだ、河辺郡四ツ小屋村小阿地(現 秋田市四ツ小屋小阿地・御所野地蔵田)の校地を使用した。四ツ小屋校地は後身の秋田大学学芸学部に引き継がれ、1990年3月まで四ツ小屋農場として使用された[2]

著名な出身者編集

参考文献編集

  • 秋田県(編) 『秋田県史 : 第6巻大正昭和編』 秋田県、1965年3月、846頁-848頁・882頁。
  • 秋田市(編) 『秋田市史 : 第4巻近現代1 通史編』 秋田市、2004年3月、658頁。
  • 秋田市(編) 『秋田市史 : 第5巻近現代2 通史編』 秋田市、2005年3月、261頁-262頁。
  • 秋田大学教育学部創立百周年記念会(編) 『創立百年史 秋田大学教育学部』 1973年10月、359頁-425頁。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 『官報』第5664号、昭和20年11月28日。
  2. ^ 秋田大学教育文化学部沿革、2015年12月17日閲覧。

外部リンク編集