メインメニューを開く

秦野郵便局

神奈川県秦野市にある郵便局

秦野郵便局(はだのゆうびんきょく)は神奈川県秦野市にある郵便局民営化前の分類では集配普通郵便局であった。

Postal Mark w (Japan).svg 秦野郵便局
秦野郵便局RIMG0013.JPG
基本情報
正式名称 秦野郵便局
前身 曾屋郵便取扱所、曾屋郵便局
局番号 02016
設置者 日本郵便株式会社
所在地 257-8799
神奈川県秦野市室町2-44
位置 北緯35度22分4.7秒
東経139度13分53.6秒
貯金
店名 ゆうちょ銀行 秦野店
(さいたま支店秦野出張所)
取扱店番号 020160
保険
店名 かんぽ生命保険 代理店
特記事項
ATMホリデーサービス実施
テンプレートを表示

目次

概要編集

住所:〒257-8799 神奈川県秦野市室町2-44

併設施設編集

  • ゆうちょ銀行秦野店(さいたま支店秦野出張所):取扱店番号020160

分室編集

分室はなし。過去に存在した分室は以下のとおり。

  • 保険分室 - 1950年昭和25年)に廃止。
  • 曾屋分室 - 1965年(昭和40年)に廃止。

沿革編集

  • 1874年(明治7年)7月 - 曾屋郵便取扱所として開設[1]
  • 1875年(明治8年)1月1日 - 曾屋郵便局(五等)となる。同年、為替取扱を開始[1]
  • 1882年(明治15年) - 貯金取扱を開始[1]
  • 1890年(明治23年)4月1日 - 秦野郵便局に改称[1]
  • 1897年(明治30年)3月1日 - 秦野郵便電信局となる[1]
  • 1903年(明治36年)4月1日 - 通信官署官制の施行に伴い秦野郵便局となる[1]
  • 1946年(昭和21年)7月16日 - 特定郵便局から普通郵便局に局種別改定[2]
  • 1949年(昭和24年)6月1日 - 中郡秦野町大字曾屋に保険分室を設置[3]
  • 1950年(昭和25年)9月11日 - 中郡秦野町から同郡南秦野町に移転[4]。曾屋分室を設置[5]、保険分室を廃止[6]
  • 1956年(昭和31年)11月1日 - 電話通話および和文電報受付事務の取扱を開始。
  • 1959年(昭和34年)9月16日 - 曾屋分室にて電話通話および和文電報受付事務の取扱を開始。
  • 1965年(昭和40年)8月1日 - 曾屋分室を廃止。同分室取扱の為替貯金事務は、新設の秦野曾屋郵便局[7]に、その他の事務は当局にそれぞれ承継された。
  • 1970年(昭和45年)9月30日 - 小田急小田原線を経由する鉄道郵便輸送(東京小田原線)が廃止[8]専用自動車に転換。
  • 1973年(昭和48年)12月3日 - 秦野市今川町から、同市河原町に局舎を新築、移転。
  • 1986年(昭和61年)9月1日 - 局名の読みを「はの」から「はの」に変更。
  • 1999年(平成11年) - 外国通貨の両替および旅行小切手の売買に関する業務取扱を開始。
  • 1999年(平成11年)11月1日 - 秦野市河原町2-15から同市室町2-44に移転。
  • 2000年(平成12年)3月27日 - 西秦野郵便局(秦野市堀川)から「259-13xx」区域の集配業務を移管。
  • 2007年(平成19年)10月1日 - 民営化に伴い、併設された郵便事業秦野支店、ゆうちょ銀行秦野店に一部業務を移管。
  • 2012年(平成24年)10月1日 - 日本郵便株式会社発足に伴い、郵便事業秦野支店を秦野郵便局に統合。

取扱内容編集

秦野郵便局編集

ゆうちょ銀行秦野店編集

周辺編集

アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 山口修監修 『全国郵便局沿革録 明治編』P125 日本郵趣出版 1980年12月28日発行
  2. ^ 昭和21年逓信省告示第25号(昭和21年7月19日付官報第5853号掲載)
  3. ^ 昭和24年郵政省告示第32号(昭和24年6月22日付官報第6730号掲載)
  4. ^ 昭和25年郵政省告示第293号(昭和25年9月20日付官報第7109号掲載)
  5. ^ 昭和25年郵政省告示第292号(昭和25年9月20日付官報第7109号掲載)
  6. ^ 昭和25年郵政省告示第337号(昭和25年10月26日付官報第7139号掲載)
  7. ^ 1970年(昭和45年)8月1日に秦野文京郵便局に改称された。
  8. ^ 鉄道ピクトリアル』1989年3月臨時増刊号(No.509)、電気車研究会、p.52-p.55

外部リンク編集