稚内副港市場

北海道稚内市にある複合商業施設

稚内副港市場(わっかないふくこういちば)は、北海道稚内市にある複合商業施設

稚内副港市場
Wakkanai Fukukoichiba 18-06-02.jpg
店舗概要
所在地 097-0021
北海道稚内市港1丁目6-28
座標 北緯45度24分31秒 東経141度40分36秒 / 北緯45.40861度 東経141.67667度 / 45.40861; 141.67667座標: 北緯45度24分31秒 東経141度40分36秒 / 北緯45.40861度 東経141.67667度 / 45.40861; 141.67667
開業日 2007年4月28日[1]
施設所有者 副港開発
施設管理者 副港開発
店舗数 9
営業時間 店舗により異なる
駐車台数 248台
最寄駅 稚内駅南稚内駅
外部リンク 稚内副港市場
テンプレートを表示

概要編集

「稚内市第一副港地区シーグランド計画」に位置づけられ、かつて稚内の賑わいの場であった第一副港に「水産」「観光」「サハリン」をキーワードとした「第一副港地区優良建築物等整備事業」により地域経済の活性化、市民と来訪者の交流の場を提供し、新たな拠点の形成を図った[2]。稚内市、稚内信用金庫、中田組、藤建設、石塚建設興業、坂本建設[3]の出資による第三セクター「副港開発」が管理運営している。土産物店、食事処、屋台村、日帰り入浴施設、稚内市による「港ギャラリー」(指定管理者は副港開発)[4]コミュニティ放送エフエムわっかない」(FMわっぴー)のサテライトスタジオなどがある。みなとオアシス「わっかない」を構成する施設になっているほか[5]、稚内市ポートサービスセンターとともに「海の駅」に認定されている[6][7]

しかし、近年来場者の減少により経営不振に陥り、譲渡先を探したものの譲渡先は見つからず、2020年3月31日をもって副港開発が直営する8店舗は閉鎖された。

施設編集

稚内天然温泉 港のゆ
 
施設外観(2010年3月)
形態 天然温泉
営業時間 閉鎖中
所在地 北海道稚内市港1丁目6-28 副港市場2F
泉質 ナトリウム—塩化物・炭酸水素塩泉
開業年 2007年
運営会社 副港開発
テンプレートを表示

「フロアガイド」参照[8]

ギャラリー棟

  • 稚内市港ギャラリー
    • 樺太ノスタルジー
    • 港ノスタルジー
    • 稚内ノスタルジー
    • 観光情報コーナー
  • エフエムわっかない(FMわっぴー)

市場棟

波止場横丁

  • 鉄板焼き 正ちゃん
  • 立ち呑み 笑ちゃん

温泉棟(港のゆは閉鎖)

  • 稚内市樺太記念館

アクセス編集

国道40号、副港通沿いに位置している。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 稚内副港市場きょうオープン*活況の70年代再現*食材も充実 市民の台所に”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2007年4月28日). 2017年7月30日閲覧。
  2. ^ 第一副港地区優良建築物等整備事業”. 稚内市. 2017年7月30日閲覧。
  3. ^ 坂本建設(株)”. 東京商工リサーチ. 2017年7月30日閲覧。
  4. ^ 港ギャラリー(稚内副港市場内)”. 稚内市. 2017年7月30日閲覧。
  5. ^ みなとオアシス「わっかない」”. 北海道開発局. 2017年7月25日閲覧。
  6. ^ わっかない海の駅”. 海の駅. 2017年7月27日閲覧。
  7. ^ GW前半 笑顔と活気*稚内「海の駅」開業セレモニー*登録祝い除幕式”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2013年4月29日). 2017年7月27日閲覧。
  8. ^ フロアガイド”. 稚内副港市場. 2017年7月30日閲覧。

外部リンク編集