メインメニューを開く

稲垣 敦(いながき あつし、1984年4月16日 - )は、日本のバスケットボール選手である。2008年にbjリーグ埼玉ブロンコスと契約して、プロ選手になる。2009年にはノルウェーのアムルー・バスケットノルウェー語版と契約し、日本人の男子選手として初めてヨーロッパのトップリーグでプレイした選手になった。横浜ビー・コルセアーズに在籍していた2015-16シーズン途中に負傷し、その後無所属のまま選手復帰を目指していたが、2017年6月に現役を引退した。

稲垣 敦
Atsushi Inagaki
リンク栃木ブレックス AC
役職 アシスタントコーチ
ポジション(現役時) ポイントガード
背番号(現役時) 13
身長(現役時) 158cm (5 ft 2 in)
体重(現役時) 56kg (123 lb)
基本情報
ラテン文字 Atsushi Inagaki
誕生日 (1984-04-16) 1984年4月16日(35歳)
日本の旗 日本
出身地 東京都
ドラフト  
選手経歴
2008-2009
2009-2010
2010-2011
2012
2012
2013-2015
2015-2016
日本の旗埼玉ブロンコス
アメリカ合衆国の旗Seattle Zhen Gan(ABA)
ノルウェーの旗Ammerud Basket
イタリアの旗Monteporzio basket
アメリカ合衆国の旗静岡ジムラッツ(ABA)
日本の旗富山グラウジーズ
日本の旗横浜ビー・コルセアーズ
指導者経歴
2017-2018
2018-
群馬クレインサンダーズAC
栃木ブレックスAC

選手時代の身長は158cm、体重56kgで、ポジションはポイントガード。bjリーグ所属時には、リーグで最も背の低い選手だった。

引退後の2017年、群馬クレインサンダーズの通訳兼アシスタントコーチに就任した。

来歴編集

東京都出身。中学校入学とともにバスケットボールを始め、部活動の他マイケル・ジョーダンが主催するバスケットボール教室「マイケル・ジョーダン・フライトスクール」にも参加し技術を磨いた[1]

筑波大学附属高等学校に進むが、3年次でアメリカに渡り、ミシガン州のサットンズベイ高校に入学。1年で卒業し、その後サンタモニカカレッジを経てNCAA2部のカリフォルニア州立大学チコ校に入学した[1]。ただし、大学では怪我や単位取得の事情などが重なり、公式戦には1度も出場できず卒業した[1]

卒業後、ラスベガスで行われたbjリーグのトライアウトを受験し、その結果埼玉ブロンコスにスカウトされ入団した[2]。しかし入団前に負った足首の怪我の影響などもあり出場機会に恵まれず[3]、1シーズンで退団[4]。アメリカに渡りABAのチームで練習生を経験した後、2010年11月からノルウェートップリーグBLNO英語版に属するアムルー・バスケットノルウェー語版と契約。日本人の男子選手として初めてヨーロッパのトップリーグでプレイした[5][6]

2012年初頭にはイタリア・セリエCのMonteporzio basketでプレイしチームのプレイオフ進出に貢献するも、査証の問題からシーズン途中で退団を余儀無くされ[7]、同年11月からは静岡ジムラッツでプレイする予定であったが[8]、膝の半月板損傷の手術を受けたため試合出場は果たせなかった[9]

2013年8月、bjリーグの富山グラウジーズと契約した[10]

2015年7月、横浜ビー・コルセアーズに移籍。2016年2月にアキレス腱断裂をおこす[11]。シーズン終了後、横浜は稲垣との契約を更新せず、稲垣は自由契約選手となった。

その後も稲垣はチームに所属しないまま復帰を目指し練習していたが、2017年6月、自身のブログで、引退し指導者を目指すすることを発表した[12]

2017年8月、稲垣は群馬クレインサンダーズと契約し、通訳兼アシスタントコーチに就任した[13]

脚注編集

  1. ^ a b c 158cm...ビハインドからのバスケ人生でつかんだ"日本人初"欧州トップリーグ(中編)”. クラッチタイム (2010年10月29日). 2013年6月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年8月30日閲覧。
  2. ^ “選手契約締結および基本合意のお知らせ” (プレスリリース), 埼玉ブロンコス, (2008年10月9日), http://broncos.sailog.jp/topics/2008/10/post-d31b.html 2013年8月30日閲覧。 
  3. ^ 158cm...ビハインドからのバスケ人生でつかんだ"日本人初"欧州トップリーグ(後編)”. クラッチタイム (2010年11月3日). 2013年6月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年8月30日閲覧。
  4. ^ “選手契約満了のお知らせ” (プレスリリース), 埼玉ブロンコス, (2009年6月30日), http://broncos.sailog.jp/topics/2009/06/post-b979-1.html 2013年8月30日閲覧。 
  5. ^ 158cm...ビハインドからのバスケ人生でつかんだ"日本人初"欧州トップリーグ(前編)”. クラッチタイム (2010年10月25日). 2013年6月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年8月30日閲覧。
  6. ^ 日本人女子選手は、2000年にイタリア・セリエAのチームと契約した加藤貴子の例がある。
  7. ^ 海外を目指す選手の化学反応 ー 稲垣 敦×田渡 凌 ー Part.1”. クラッチタイム (2012年6月1日). 2013年5月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年8月30日閲覧。
  8. ^ 今シーズン” (2012年11月28日). 2013年8月30日閲覧。
  9. ^ 今シーズン” (2013年1月6日). 2013年8月30日閲覧。
  10. ^ “13-14シーズン選手契約基本合意(新規)” (プレスリリース), 富山グラウジーズ, (2013年8月6日), http://grouses.jp/news/2013/08/06/26777 2013年8月30日閲覧。 
  11. ^ YokohamaBcorsairsの投稿(1007304675997674) - Facebook
  12. ^ Retiring” (2017年6月21日). 2017年6月29日閲覧。
  13. ^ 海外リーグでのプレー経験を持つ稲垣敦氏、群馬の通訳兼ACに就任”. バスケットボールキング. フロムワン (2017年8月9日). 2017年11月28日閲覧。

外部リンク編集