稲葉董通

臼杵藩主

稲葉 董通(いなば まさみち)は、豊後国臼杵藩の第8代藩主[1]

 
稲葉董通
Inaba Masamichi.jpg
稲葉董通像(臼杵市・月桂寺所蔵)
時代 江戸時代中期
生誕 宝永6年(1709年[1]
死没 元文2年1月17日1737年2月16日[1]
戒名 本明院殿一源宗徳大居士
墓所 東京都港区高輪東禅寺
官位 従五位下能登守
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗
豊後臼杵藩
氏族 稲葉氏
父母 父:稲葉恒通[1]、母:玉井氏
兄弟 董通朽木徳綱通古山高信昉柳生俊平正室、勧修寺顕道
正室有馬則維の娘・梅渓院
側室:河合氏、中原氏
泰通市橋長璉通房一柳末栄正室
テンプレートを表示

略歴編集

享保5年(1720年)、父の死去により跡を継ぐ。しかし翌年には、天候不順により藩内に大飢饉が襲って大被害を受け、それによってただでさえ悪化していた藩財政がさらに悪化した。このため、享保14年(1726年)には49か条にわたる倹約令を出して藩財政再建を目指した[1]が、享保17年(1732年)には城下にて大火事が起こるなどして大被害を受けるなど、藩政は多難を極め、藩財政も破綻寸前となった。このような中で失意のうちに元文2年(1737年)正月17日に29歳で死去[1]し、跡を長男・泰通が継いだ。

系譜編集

脚注編集