メインメニューを開く

稲葉 道通(いなば みちとお)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将大名伊勢田丸藩の初代藩主。稲葉良通の孫にあたる。

 
稲葉 道通
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 元亀元年(1570年
死没 慶長12年12月12日1608年1月29日
別名 勘右衛門(通称)、重一、通茂
墓所 京都府京都市右京区花園妙心寺町の妙心寺雑華院
官位 従五位下、左近蔵人
幕府 江戸幕府
主君 豊臣秀吉秀頼徳川家康秀忠
伊勢田丸藩
氏族 稲葉氏
父母 父:稲葉重通、母:吉田浄忠の娘
兄弟 牧村利貞通重道通
正室:日根野盛就の娘
紀通、娘(船越永景継室)、娘(阿部忠秋正室)

生涯編集

稲葉重通の四男。文禄2年(1593年)、長兄の牧村利貞牧村政倫の養子)が死去した後、その子である牛之助が幼少だったため、家督を継いで2万300石を領する。文禄3年(1594年)の伏見城工事で功績を挙げたことから、豊臣秀吉より5,700石の加増と、豊臣姓を下賜された。このとき、叙任もされている。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは東軍に与して、分部光嘉富田信高らと共に西軍方の九鬼嘉隆と戦った。戦後、その功績により2万石を加増されて伊勢田丸に移されて、4万5,700石を領した。しかし、甥の牛之助が15歳に成長しても家督を譲ろうとせず、次男の紀通に譲ろうとしたため、牛之助が不満を抱いた。このため、道通は刺客を送って牛之助を殺害した。

慶長12年(1607年)12月12日、伏見で死去。享年38。牛之助暗殺から半年足らずで死去したため、その死は牛之助の呪いともいわれた。跡を紀通が継いだ。後に紀通も凶行を幕府に責められて自害し、改易となった。