福岡県道60号飯塚大野城線

日本の福岡県の道路

福岡県道60号飯塚大野城線(ふくおかけんどう60ごう いいづかおおのじょうせん)は、福岡県飯塚市から大野城市に至る県道主要地方道)である。

主要地方道
福岡県道60号標識
福岡県道60号 飯塚大野城線
主要地方道 飯塚大野城線
起点 飯塚市飯塚【北緯33度38分5.9秒 東経130度41分12.0秒 / 北緯33.634972度 東経130.686667度 / 33.634972; 130.686667 (県道60号起点)
終点 大野城市御笠川4丁目【北緯33度33分2.6秒 東経130度28分45.2秒 / 北緯33.550722度 東経130.479222度 / 33.550722; 130.479222 (県道60号終点)
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0200.svg 国道200号
Japanese National Route Sign 0201.svg 国道201号八木山バイパス
Japanese National Route Sign 0003.svg 国道3号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

飯塚市中心部の飯塚橋北交差点を起点に、飯塚市の中西部、糟屋郡須恵町の東部から南部、糟屋郡宇美町の中央部(中心市街地より南側)、大野城市の北部を通り、大野城市と福岡市博多区の市境近くにある福岡県道・大分県道112号福岡日田線交点の御笠川4丁目北交差点が終点となる。飯塚市と糟屋郡須恵町の境にあるショウケ越は冬期になると交通規制が生じやすい上、急カーブと急勾配が連続する。一方、起点の飯塚市中心部および終点の大野城市周辺では渋滞が多発する。終点の御笠川4丁目北交差点を直進すると福岡県道56号福岡早良大野城線に入り、同道を直進して福岡市南部や、糸島市方面へ行くことができる。

大野城市内の終点付近では北側にバイパスが存在する。大野城市乙金東から、福岡県道574号水城下臼井線交点の御笠川4丁目東交差点を経由し、県道112号交点の春町東交差点までの区間が供用されている[1]

路線データ編集

全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML

歴史編集

  • 1993年平成5年)5月11日 - 建設省から、県道飯塚大野城線が飯塚大野城線として主要地方道に指定される[2]
  • 2019年(平成31年)3月29日 - 福岡県告示第279号により、大野城市の旧道の県道指定が解除される[3]
  • 2021年令和3年)3月30日 - 福岡県告示第396号により、御笠川西側の旧道の県道指定の解除と、終点を短縮し、春町東交差点から御笠川4丁目北交差点に変更[4]

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

交差する道路 市町村名 交差する場所
福岡県道473号瀬戸飯塚線 飯塚市 飯塚 飯塚橋北交差点 / 起点
福岡県道100号大日寺潤野飯塚線 東徳前 徳前大橋北交差点
国道200号 弁分 弁分交差点
国道201号 / 八木山バイパス 弁分 [注釈 1]
福岡県道478号飯塚穂波線 津原
国道201号 / 八木山バイパス 高田 穂波西IC[注釈 2]
福岡県道445号高田天道停車場線 高田 高田口交差点
福岡県道90号穂波嘉穂線 高田
国道201号 / 八木山バイパス 内住 筑穂IC[注釈 2]
福岡県道435号内住篠栗線 内住
福岡県道91号志免須恵線 糟屋郡 須恵町 佐谷
福岡県道60号飯塚大野城線 / 旧道 宇美町 宇美 三原交差点
福岡県道35号筑紫野古賀線 桜原 上北川橋交差点[注釈 3]
障子岳南 [注釈 4]
福岡県道68号福岡太宰府線 宇美 宇美町役場入口交差点[注釈 3]
貴船1丁目 四王寺坂入口交差点[注釈 5]
福岡県道574号水城下臼井線 大野城市 御笠川4丁目 御笠川4丁目東交差点
国道3号
福岡県道56号福岡早良大野城線
御笠川4丁目 御笠川4丁目北交差点 / 終点

交差する鉄道編集

沿線編集

編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 当路線の上を通過する。
  2. ^ a b 篠栗・福岡方面のみ利用可能
  3. ^ a b 旧道で接続
  4. ^ バイパスで接続、当路線の上を通過する。
  5. ^ バイパスで接続
  6. ^ 旧道で交差
  7. ^ 国道3号との交差点に近い。県道と直接接続はしていない

出典編集

  1. ^ 県道飯塚大野城線(大野城バイパス工区) - 福岡県那珂県土整備事務所
  2. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省
  3. ^ 福岡県公報 平成31年3月29日 第4080号 (PDF)”. 福岡県. p. 13. 2020年11月23日閲覧。
  4. ^ 福岡県公報 令和3年3月30日 第187号 (PDF)”. 福岡県. p. 2. 2021年5月9日閲覧。

関連項目編集