窪川健造

窪川 健造(くぼかわ けんぞう、1930年2月10日 - 2015年8月6日)は、日本映画監督。主にテレビドラマ演出として活躍した。

くぼかわ けんぞう
窪川 健造
別名義 窪川 建造、窪川 健三
生年月日 (1930-02-10) 1930年2月10日
没年月日 (2015-08-06) 2015年8月6日(満85歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京府
死没地 日本の旗 日本 東京都新宿区
職業 映画監督
ジャンル 映画テレビ映画
著名な家族 窪川鶴次郎 (父)
佐多稲子 (母)
佐多達枝 (妹)
主な作品
テレビドラマ
木枯し紋次郎
剣客商売

目次

経歴編集

1930年に文芸評論家窪川鶴次郎作家佐多稲子の長男として生まれる[1]。 1953年、東京大学仏文学科卒。近代映画協会にて吉村公三郎新藤兼人両氏に師事[2]。『原爆の子』(1952年)に助監督として参加する[3]。 映画監督デビューは松川事件の被告の家族を描いた『手をつないで』(1960年)[4]。 専らフリーの立場でテレビ映画の監督として従事。テレビドラマ『チャコとケンちゃん』『木枯し紋次郎』『鉄平と順子』『放浪記』『剣客商売』などの演出を手掛けた。1978年放送の東海テレビ製作フジテレビ系ドラマ『雪山讃歌・ある青春〜立てた!滑れた!』で第1回赤十字映画祭テレビ映画部門最優秀賞[5]

2015年8月6日に骨髄異形成症候群のため東京都新宿区の自宅で死去[6]

フィルモグラフィー編集

映画編集

  • 手をつないで(1960年、近代映画協会)- 監督
  • わらし子とおっかあたち(1962年、共同映画社)- 監督
  • チャコとケンちゃん(1969年、東映)- 監督

主なテレビドラマ編集

  • チャコねえちゃん(1967年〜1968年、TBS)- 最終回(第52話)などを演出
  • チャコとケンちゃん(1968年〜1969年、TBS)- チャコちゃんシリーズの最終作
  • 木枯し紋次郎(1972年、フジテレビ)- 第1シリーズの第4話と第13話を演出
  • 鉄平と順子(1972年〜1973年、日本テレビ)- 全15回の放送のうち7回を演出
  • 陽はまた昇る(1973年、フジテレビ)- 全11回の放送のうち5回を演出
  • 剣客商売(1973年、フジテレビ)- 秋山大治郎役を加藤剛、秋山小兵衛役を山形勲が演じたシリーズ
  • 放浪記(1974年、TBS)- 全40回の放送のうち半分を演出
  • 雪山讃歌・ある青春~立てた!滑れた!(1978年、東海テレビ)- 単発ドラマ、第1回赤十字映画祭テレビ映画部門最優秀賞作品
  • 愛とおそれと(1980年、TBS)- 実母である作家、佐多稲子の同名小説『愛とおそれと』をドラマ化したもの

随筆編集

  • 『母・佐多稲子を送りて』(中央公論 1999年2月号)
  • 『女文学者の「家」』(新日本文学 1999年5月号)
  • 『墓前に佇ちて ─ 母・佐多稲子の映画往来』(新日本文学 2004年5月号)、のちに論集『佐多稲子と戦後日本』(2005年、七つ森書館刊)に再集録

参考資料編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 映画監督の窪川健造氏死去 作家、佐多稲子の長男”. 産経ニュース (2015年8月11日). 2015年8月12日閲覧。
  2. ^ 会員名簿・窪川健造”. 日本映画監督協会. 2015年8月12日閲覧。
  3. ^ Kenzô Kubokawa Filmography”. IMDb. 2015年8月12日閲覧。
  4. ^ 窪川健造氏死去=映画監督”. 時事ドットコム (2015年8月11日). 2015年8月12日閲覧。
  5. ^ 会員名簿・窪川健造”. 日本映画監督協会. 2015年8月12日閲覧。
  6. ^ 映画監督・窪川健造さん死去 ドラマ「剣客商売」も手掛ける”. スポーツニッポン (2015年8月11日). 2015年8月12日閲覧。

外部リンク編集