メインメニューを開く

立木 洋(たちき ひろし、1931年3月11日 - 2017年6月20日)は日本政治家。元参議院議員日本共産党公認、5期)。日本共産党中央委員会副議長などを経て、同党名誉役員を務めた。

立木洋
たちき ひろし
生年月日 (1931-03-11) 1931年3月11日
出生地 朝鮮平安北道新義州市
(現・朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮
没年月日 (2017-06-20) 2017年6月20日(86歳没)
死没地 日本の旗 日本 千葉県
出身校 東北人民大学
所属政党 日本共産党
称号50年党員
党名誉役員

選挙区全国区→)
比例区
当選回数 5回
在任期間 1974年7月8日 - 2000年12月25日
テンプレートを表示

目次

来歴編集

日本統治下の旧朝鮮新義州出身。中国東北人民大学を卒業後、1959年内地引き揚げる。その後高知県内の家電メーカーに勤めながら共産党に入党、1964年からは党本部にて勤務。

1974年参院選に初当選以来、参院議員を5期連続で務めるも、2000年12月に体調不良のため引退を表明[1]。議員時代は党国際部長や副議長などを歴任、細川村山両政権下で農産物の輸入自由化問題が浮上した際には、国内農業を保護する立場から反対の論陣を張った[2]

2017年6月20日、老衰のため千葉県の病院で死去[3]。86歳没。

政歴編集

著書編集

単著編集

共著編集

脚注編集

  1. ^ これにより大門実紀史が繰り上げ当選となった。
  2. ^ WTO協定 農産物輸入自由化
  3. ^ 立木洋氏死去(元共産党参院議員) 時事ドットコム 2017年6月21日

参考文献編集

関連項目編集