メインメニューを開く

立花 長煕(たちばな ながひろ)は、筑後三池藩の第5代藩主。

 
立花 長煕
時代 江戸時代中期
生誕 享保5年7月17日1720年8月20日
死没 安永7年閏7月2日1778年8月23日
改名 弥七郎(幼名)、長煕
戒名 明徹院殿実相紹真大居士
墓所 東京都台東区下谷の広徳寺
官位 従五位下、和泉守、民部
幕府 江戸幕府
筑後三池藩
氏族 立花氏
父母 父:立花貫長、母:島津惟久の娘・養信院
兄弟 長煕直巷直尹鴈興
正室:堀直英の娘・法明院(於豊)
弥七郎、種周、勝次郎、長堅(四男)、
安部信旨(五男)、種武(六男)、堀直皓(七男)、
八・九男、娘(三宅康武正室のち宮原義潔室)

享保5年(1720年)7月17日、第4代藩主・立花貫長の長男として生まれる。延享4年(1747年)、父の死去により家督を継いだ。同年12月19日、従五位下、和泉守に叙任する。

宝暦12年(1762年)9月26日、次男・種周に家督を譲って隠居し、安永7年(1778年)閏7月2日に死去した。享年59。