章順王后韓氏(しょうじゅんおうこう・かんし/チャンスンワンフ ハンシ 1445年2月22日-1461年1月5日)は李氏朝鮮第8代王・睿宗の最初の妃。本貫は清州韓氏

章順王后
朝鮮王妃
別称号 徽仁昭徳章順王后(諡号)

出生 1445年2月22日
死去 1461年1月5日
配偶者 睿宗
子女 仁城大君
氏族 清州韓氏
父親 韓明澮
母親 驪興閔氏
テンプレートを表示

生涯編集

章順王后は第7代王・世祖の重臣で実力者である韓明澮驪興閔氏の娘として生まれ、1460年、王世子であったと婚姻し世子嬪となったが翌1461年、長男・仁城大君を出産したが産褥死した[1]。「章順嬪」の諡号が送られ、睿宗即位により「章順王后」と追封された。

家族編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 尹貞蘭 2010, p. 80.

参考文献編集

  • 尹貞蘭『王妃たちの朝鮮王朝』金容権(訳)、日本評論社、2010年9月。ISBN 978-4-535-58582-9