竹中 恒夫(たけなか つねお、1902年4月30日 - 1971年2月4日)は、日本政治家歯科医日本歯科医政連盟会長兵庫県洲本市出身[1]

来歴編集

大阪歯科医学専門学校卒業。歯学博士1956年7月、第4回参議院議員通常選挙に出馬し、初当選。1963年10月、参議院地方行政委員長に就任。1965年6月、第1次佐藤第1次改造内閣大蔵政務次官に就任。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『兵庫県名士錄:1959』神港新聞社1958年発行、581ページ