竹中靖一(たけなか やすかず、1906年6月9日-1986年12月19日)は、日本の経営学者。

大阪府出身。京都帝国大学経済学部卒。1960年「石門心学の経済思想」で大阪大学経済学博士山口高等商業学校教授をへて1949年近畿大学教授。77年定年、名誉教授。石田梅岩の石門心学を研究し、1955年心学の講舎明誠舎を復活させた。1964年「石門心学の経済思想」で日本学士院賞受賞[1]

著書編集

  • 『六甲』朋文堂 1933
  • 『日本経済史』ミネルヴァ書房 1953
  • 『石門心学の経済思想 町人社会の経済と道徳』ミネルヴァ書房 1962
  • 『日本的経営の源流 心学の経営理念をめぐって』ミネルヴァ書房 1977

共編著編集

  • 『日本商業史』川上雅共著 ミネルヴァ書房 1965
  • 『図説経済学体系 7 日本経済史』作道洋太郎共編著 学文社 1972

論文編集

脚注編集