メインメニューを開く

竹久 千恵子(たけひさ ちえこ、本名: 河上 千恵子(かわかみ ちえこ)、旧姓は煤賀、1912年3月6日 - 2006年9月14日)は、昭和期に活躍した女優秋田県出身。

来歴・人物編集

9歳で上京後、小松川高等女学校に入学するも15歳で映画界入りし中退。1930年、18歳でエノケン一座のカジノ・フォーリーに参加する(芸名は竹久夢二にちなむ)。その後1930年代から1940年代にかけて多くの映画、演劇に出演し、知性的なモダンガール女優として学生を中心に人気を博した。主な出演作品はエノケンと共演した『エノケンの森の石松』、主人公・高峰秀子の母親役を演じた『』など。『馬』出演後に渡米し日系人同盟通信社記者のクラーク・カワカミ(在米ジャーナリスト河上清の子)と結婚したが、日米開戦のため1942年第一次戦時交換船により帰国。第二次世界大戦後は女優業を引退し、夫と共に再びアメリカに渡り晩年はハワイで暮らしていた。

2006年9月14日、脳卒中のためハワイの病院で死去。享年94。

出演作品編集

映画編集

  • あるぷす大将(1934年)
  • 坊つちやん(1935年)
  • 兄いもうと(1936年)
  • 家庭日記 前後篇(1938年)
  • エノケンの森の石松(1939年)
  • 馬(1941年)
  • 安城家の舞踏会(1947年)
  • 風の子(1949年)
  • 東京ルムバ(1950年)

関連書籍編集

外部リンク編集