メインメニューを開く

東京都立小松川高等学校

東京都立小松川高等学校(とうきょうとりつ こまつがわこうとうがっこう)は、東京都江戸川区平井一丁目に所在する都立高等学校

東京都立小松川高等学校
東京都立小松川高等学校
過去の名称 南葛飾郡立実科高等女學校
東京府立小松川高等女學校
東京府立第七高等女學校
東京都立第七高等女學校
東京都立第七女子新制高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 東京都の旗 東京都
設立年月日 1916年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
高校コード 13167K
所在地 132-0035
東京都江戸川区平井一丁目27番10号

北緯35度42分9.1秒 東経139度51分6.5秒 / 北緯35.702528度 東経139.851806度 / 35.702528; 139.851806座標: 北緯35度42分9.1秒 東経139度51分6.5秒 / 北緯35.702528度 東経139.851806度 / 35.702528; 139.851806
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
東京都立小松川高等学校の位置(東京都区部および多摩地域内)
東京都立小松川高等学校

概要編集

1916年に開校。1950 - 60年代の学校群制度時は両国墨田川と共に第六学区に属した。2007年進学指導推進校指定を受ける。一般入試では共通問題を全科目で使用。2009年度入学生より8学級320名となった。 また、2018年4月から、直近3ヶ年の国公立大の現役合格数の上昇により、進学指導特別推進校に指定された。

制服編集

沿革編集

  • 1916年4月1日 - 南葛飾郡立実科高等女学校として創立。亀戸町第一亀戸小学校旧建物の1棟を仮校舎にあてる。
  • 1919年4月1日 - 南葛飾郡役所内図書館を仮校舎にあて、同年小松川町に本校舎を新築。
  • 1923年4月1日 - 東京府に移管し東京府立小松川高等女学校と改称。修業年限4年、7学級となる。
  • 1927年7月15日 - 東京府立第七高等女学校と改称。
  • 1943年7月1日 - 都制施行により東京都立第七高等女学校と改称。
  • 1947年4月1日 - 都立第七高女第二部ならびに併設中学校設置。
  • 1949年4月15日 - 全日制男女共学開始。
  • 1950年1月26日 - 東京都立小松川高等学校と改称。
  • 1952年3月 - 学区合同選抜制度導入。
  • 1954年7月20日 - 長野県北佐久郡蓼科山麓に蓼科寮を建設。
  • 1967年3月 - 学校群制度施行。両国墨田川と61群を組む。
  • 1982年2月 - 学校群制度に代わり、学校グループ制を採用しグループ合同選抜制度実施。62グループに属す。
  • 1993年4月9日 - コース制の一期生が入学。
  • 2003年4月1日 - 類型制(普通科)に一本化する。
  • 2005年4月1日 - 隔週土曜授業開始。午後から図書室を自習室として開放。
  • 2006年 - 創立90周年記念式典挙行。
  • 2007年6月 - 進学指導推進校に指定される。
  • 2009年3月 - 定時制閉課。
  • 2018年4月-進学指導特別推進校に指定される。

交通編集

学校行事編集

  • 体育祭 毎年6月に行われる
  • 1年生移動教室 毎年4月に行われる
  • 勉強合宿 (夏・冬期 2年生の希望制)
  • 文化祭 毎年9月に行われる
  • 合唱祭 毎年12月に江戸川区総合文化センターで行われる
  • 2年生修学旅行 毎年2月に行われる
  • 1、2年生球技大会 毎年3月に行われる

部活動編集

運動部編集

文化部編集

蓼科寮編集

  • 1954年、長野県北佐久郡立科町大字芦田字八ヶ野に建設。
  • 現在PTA、PTA-OB会、同窓会、学校との四者共同運営をしている。
  • 本館、新館、食堂、風呂棟があり、5月から11月末まで営業。冬季は閉鎖される。
  • 学校行事で使用する日以外は一般にも開放される。1泊2食付で在校生は4,300円、在校保護者・同窓生・PTA-OB・旧職員は4,600円、一般人の利用は5,800円。こども料金あり。
  • 小松川高校同窓会のホームページより予約可能。
  • 蓼科山・御泉水公園・女神湖・たてしな牧場が至近。格安の宿でもある。飯盒炊爨も可能。

著名な卒業生編集

関連項目編集

外部リンク編集