メインメニューを開く

竹内 英昭(たけうち ひであき、1942年10月6日 - )は、日本の政治家。元三田市長(2期)。

竹内 英昭
たけうち ひであき
生年月日 (1942-10-06) 1942年10月6日(77歳)
出生地 兵庫県明石市
出身校 関西学院大学社会学部
前職 三田市副市長
所属政党 無所属

当選回数 2回
在任期間 2007年8月8日 - 2015年8月7日
テンプレートを表示

経歴編集

兵庫県明石市出身。1965年(昭和40年)3月、関西学院大学社会学部卒業。1968年(昭和43年)4月、三田市役所に入庁。三田市企画財政部長、総務部長、理事を経て、2000年(平成12年)12月22日、三田市助役(のち副市長)に就任。2007年(平成19年)5月15日、副市長を退任[1]

2007年(平成19年)7月29日に行われた三田市長選挙に、自由民主党公明党の推薦を得て岡田義弘(三田市長2期8年)の事実上の後継候補として出馬。市議の中田初美、市議の野村弘子、市民団体幹部の髙木伸明ら3候補を破り初当選を果たした(竹内:18,045票、中田:16,956票、野村:9,544票、髙木:7,936票)[2][3]8月8日、市長就任[1]

2011年(平成23年)7月、2期目の当選。在職中、三田地域振興株式会社取締役、産官学研究協力機構運営委員、三田市東野上区長などの要職を歴任した。

2015年(平成27年)2月26日、次期市長選に立候補しないことを正式表明した[4]

脚注編集