メインメニューを開く
五枚笹は、笑福亭一門の定絞である。

笑福亭 枝鶴(しょうふくてい しかく)は、上方落語名跡。笑福亭の出世名である。

1899年4代目笑福亭松鶴が萬歳を名乗っていた頃、師匠・3代目松鶴講談に転じたため、2代目桂文枝(後の桂文左衛門)の門下に移り、両師の名から一字ずつ取り、桂枝鶴と名乗ったのが由来。後に笑福亭枝鶴となる。

5代目枝鶴が1987年に廃業した後は空き名跡となっていたが、2008年7月12日にかつて5代目枝鶴の弟子(5代目枝鶴廃業後は6代目松鶴弟子に転じる)であった笑福亭小つるが6代目枝鶴を襲名することが決定、2010年10月22日に襲名した[1]

目次

初代編集

初代 笑福亭枝鶴1869年1870年 - 1942年8月20日)は、後の4代目笑福亭松鶴。本名: 森村米吉。享年74。

2代目編集

2代目 笑福亭枝鶴1884年9月5日 - 1950年7月22日)は、後の5代目笑福亭松鶴。本名: 竹内梅之助。享年67。

3代目編集

  • 本名は、山中瀧之助。享年52。
  • 桂文人の門下で文輔、初代桂花團治の門下で2代目花丸、花柳を経て、5代目笑福亭松鶴の門下となり「楽語荘」同人となり上方落語復興に尽力、戦時中3代目枝鶴を襲名。
  • 地味だが本格派の芸で新作「豆炭」を創作するなど、将来を嘱望されていたが、戦後、大阪市東成区大今里自宅近くの飲食店で急性アルコール中毒により死去。

4代目編集

4代目 笑福亭枝鶴1918年8月17日 - 1986年9月5日)は、後の6代目笑福亭松鶴。本名:竹内日出男。享年69。5代目松鶴の実子。

5代目編集

  • 本名は、竹内日吉。6代目松鶴の実子。はじめ笑福亭光鶴、1973年(昭和48年)10月道頓堀角座で5代目笑福亭枝鶴を襲名。父譲りのおおらかな芸風で「仏師屋盗人」「竹の水仙」などを得意とした。
  • 5代目枝鶴襲名後、廃業と復帰を繰り返したが、最終的に現在は廃業し、消息はわかっていない。

6代目編集

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集