笑福亭 枝鶴(しょうふくてい しかく)は、上方落語名跡。笑福亭の出世名である。

五枚笹は、笑福亭一門の定絞である。

1899年4代目笑福亭松鶴が萬歳を名乗っていた頃、師匠・3代目松鶴講談に転じ、2代目桂文枝の門下に移る。両師の名から一字ずつ取り、桂枝鶴と名乗ったのが由来。後に笑福亭枝鶴となる。

脚注編集

[脚注の使い方]


参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集