笑福亭 松翁(しょうふくてい しょおう、1869年 - 1942年8月20日)は、落語家。本名:森村米吉。享年74。

笑福亭しょうふくてい 松翁しょおう
.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}笑福亭(しょうふくてい) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}松翁(しょおう)
五枚笹は、笑福亭一門の定絞である。
本名 森村 米吉
生年月日 1869年
没年月日 1942年8月20日
出身地 日本の旗 日本・大阪
師匠 3代目笑福亭松鶴
2代目桂文枝
弟子 笑福亭千鶴
笑福亭鶴蔵
先代笑福亭仁鶴
初代笑福亭鶴光
2代目笑福亭枝鶴
2代目笑福亭萬歳
笑福亭鶴枝
笑福亭児鶴
笑福亭鶴二
笑福亭里鶴
初代笑福亭鶴瓶
笑福亭鶴丸
笑福亭小枝鶴
3代目笑福亭光鶴
名跡 1.笑福亭三代松
2.萬歳
3.桂枝鶴
4.浮世亭萬歳
5.初代笑福亭枝鶴
6.4代目笑福亭松鶴
7.笑福亭松翁
活動期間 1886年 - 1942年
活動内容 上方落語・素噺
所属 桂派
三友派
寿々女会
吉本
主な作品
天王寺参り
次の御曜日
『餅搗』

経歴編集

1869年生まれ。生家は大阪で大名への金貸しをしていたが、幼くして父と死別。10歳の時に紙屋へ丁稚奉公に出る。その後、花簪屋、鉄屋、下駄屋、線香屋などの職を転々とするが、いずれも長続きせず。1885年、知人の世話で歌舞伎役者の坂東あづまの男衆となり、後に澤村百之助の門下へ移る。その後、芸界を離れ花簪屋を営むが、20歳の頃に素人落語に加わり秀丸、花米を名乗り、1886年3代目笑福亭松鶴に入門し、三代松を名乗り半玄人の活動を始める、半玄人時代にはほかにも判子屋、鼈甲屋、小間物屋、貸座敷なども転々。翌年に3代目松竹と改名し本格的に活動を始める。3代目松鶴がよく可愛がり差し向かいでしっかり稽古を付けた。

その後、再び芸界を離れ、薬の行商、宿屋などをしていたが、また落語界に復帰し、1895年日清戦争の勝利にちなみ萬歳を名乗る。やがて師・3代目松鶴が講談に転じたため、1899年2代目桂文枝の預かり弟子となり、両師の名から一字ずつもらった桂枝鶴を名乗る。1904年12月に浮世亭萬歳と改名、翌年2月に3代目松鶴の三友派復帰に伴い行動を共にし、初代笑福亭枝鶴を名乗る。その後、1907年11月に4代目松鶴を襲名。

その後、1912年に初代桂枝雀らと共に寿々女会を設立するも長続きせず、三友派に復帰。7代目桂文治の引退に伴い、三友派の頭取となるも、1922年には吉本興業に吸収合併される。1925年、弟子の2代目枝鶴に松鶴の名を譲り、自らは松翁と名乗った。

芸はこの時代では珍しく素噺一本で正統派で達者で嫌気がなく自然に湧き出すおかし味であった。しかし高座を降りるとプライドも高く他派との衝突が絶え間なく本人も諸派をころころ変わっている。

十八番は『天王寺参り』『次の御曜日』『餅搗』など。SPレコードは枝鶴時代の明治末から松翁になった大正末までに多く残している。

門下編集

その後の「松翁」編集

松翁没後に笑福亭一門でこの名跡を名乗った者はいない。6代目笑福亭松鶴の晩年に、実子の5代目笑福亭枝鶴に7代目松鶴を、6代目松鶴には2代目松翁をそれぞれ襲名させる計画を松竹芸能が立てていたが、6代目松鶴が病没したため実現しなかった[1]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ 戸田学『上方落語の戦後史』岩波書店、2014年7月、p.477