笑福亭枝鶴 (3代目)

3代目 笑福亭 枝鶴(3だいめ しょうふくてい しかく、1894年 - 1946年5月13日)は、上方噺家。本名: 山中瀧之助。享年52。

3代目 笑福亭 枝鶴しょうふくてい しかく
3代目 笑福亭 枝鶴
五枚笹は、笑福亭一門の定絞である。
本名 山中 瀧之助
生年月日 1894年
没年月日 1946年5月13日
出身地 日本の旗 日本
師匠 桂文人
初代桂花丸(後の初代桂花團治
7代目翁家さん馬8代目桂文治
名跡 文輔
花三郎
2代目桂花丸
翁家さん勝
桂花柳3代目笑福亭枝鶴
活動期間  ? - 1946年
活動内容 上方落語
新作落語
軽口
主な作品
『豆炭』

来歴・人物編集

元は天狗連出身。初め桂文人3代目桂文枝門下)の弟子となり文輔を名乗る。師の没後、1914年頃に初代桂花丸(後の初代桂花團治)門下で花三郎となり、1915年頃に師の花團治への改名を機に2代目花丸となる。活動は端席や旅興行が多く寄席にはほとんど出ていたなかった。人柄が腕が優れたことなどの理由で7代目翁家さん馬8代目桂文治)に可愛がら一時1917年頃にさん馬の門下になり翁家さん勝、1927年頃に旅興行の際、花丸という芸名が天狗連の名前のようだということで、旅先だけのつもりで桂花柳を名乗るが、そのまま名乗り続けることとなる。一時期漫才の人気に押され低迷していた上方落語界で初代桂春輔とのコンビで軽口を披露していた時期もあるが1943年12月に3代目笑福亭枝鶴を襲名。5代目笑福亭松鶴の「楽語荘」同人となり、2代目桂米之助(後の4代目桂米團治)と共に、将来を嘱望された。

細かく技巧的な芸風で、器用だが線が細く、こぢんまりとした小さな寄席向きだとも評された。十八番は『立ち切れ線香』、『三枚起請』、4代目桂米團治の作の『代書』を好んで演じていた。新作も物にし、『上方はなし』第46集には、4代目桂米團治の『代書』と共に、花柳の『豆炭』が掲載されている。また声色も得意とした。

その他編集

川柳作家としても知られ、岸本水府主宰の「番傘川柳社」にも参加し、「浮かされた値札に金魚甘んじて」などの句がある。

復帰時に弟弟子の桂花治が2代目花團治を襲名しており、「花柳」のままでは2代目の弟子のように思われ都合悪いので、5代目松鶴の前名「枝鶴」の3代目を継ぐことになった。だが、4代目米團治は、「あれやったら、五代目の弟子になったみたいやがな。ほんまやったら、五代目より巧いのに・・・」と述べた。

6代目松鶴の自伝によると、死の数日前に、大阪市東成区大今里4丁目の自宅近くの飲食店で、当時入門前の松鶴らとメチルアルコールを飲みすぎたため、急性アルコール中毒により死去した。桂米朝は、メチルは飯を食べると体内から毒が出るので、一緒に飲んだ者は飯を食べて助かったのに、枝鶴のみ飯を食べなかったので中毒死したと証言している。

出典編集

  • 『古今東西落語家事典』(平凡社、1989年)
  • 『古今東西噺家紳士録』