笑福亭枝鶴 (6代目)

6代目 笑福亭 枝鶴(しょうふくてい しかく、1957年6月26日 - )は、大阪市福島区出身の落語家。所属事務所松竹芸能上方落語協会会員。本名は松高まつたか 良和よしかず出囃子『だんじり』。前名は笑福亭しょうふくてい つる

6代目 笑福亭しょうふくてい 枝鶴しかく
6代目 .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}笑福亭(しょうふくてい) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}枝鶴(しかく)
五枚笹は、笑福亭一門の定紋である。
本名 松高まつたか 良和よしかず
生年月日 (1957-06-26) 1957年6月26日(63歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府大阪市福島区
師匠 5代目笑福亭枝鶴
6代目笑福亭松鶴
弟子 笑福亭鶴太
名跡 1. 笑福亭小つる(1975年 - 2010年)
2. 6代目笑福亭枝鶴(2010年 - )
出囃子 だんじり
活動期間 1975年 -
活動内容 上方落語
所属 松竹芸能
公式サイト 枝鶴の楽屋
備考
上方落語協会会員

来歴編集

1975年1月1日5代目笑福亭枝鶴に入門。翌1976年3月に大阪府立摂津高等学校(高校では落語研究会に所属 高座名は摂笑亭和輔)卒業後、同年12月に新世界新花月初舞台。1978年からは毎日放送の「スタジオ2時」のコーナー「テレビ歌謡体操」の体操のお兄さんで一躍注目を浴びる。ところが同年以降、師匠の枝鶴が破門と復帰を何度も繰り返したことから、1984年より大師匠の6代目笑福亭松鶴門下へ移る(のちに枝鶴は再復帰するが、小つるはそのまま松鶴の弟子扱いとなる)。

1982年12月14日、桂小春(現:桂小春団治 (3代目))、MAKOTO(現:北野誠)とコントユニット「ギャグ性感隊」を結成。

1986年9月5日に大師匠の松鶴が死去。翌1987年に6代目松鶴一周忌記念落語会が行われたが、そこで大トリを務めるはずの枝鶴が欠席し、このために所属の松竹芸能を契約解除の上、上方落語協会からも追放されて完全引退すると言う事態を引き起こしてしまい、これ以降小つる(6代目枝鶴)は、元師匠の5代目枝鶴とは現在に至るまで音信不通に陥ってしまっている。

香川県で行われている「かがわ落語塾」では、大人や子供に落語を教える塾長として活動している。 KBS滋賀さんさんわいど滋賀」、山口放送ラジオ「ネットDEドタキャン」、テレビ山口テレビ山口くん」、西日本放送情報てんこもりラジオでDON」「日曜V!V!V!テレビ」「おはよう落語」(ラジオ大阪、土曜日、7時5分から20分)など、司会者業も幅広い。

2008年7月12日に「6代目笑福亭枝鶴」を襲名することが発表され、2010年10月22日国立文楽劇場での襲名披露興行を皮切りに、天満天神繁昌亭旧金毘羅大芝居ルネッサながとでも襲名披露興行を開催、6代目松鶴直系の弟子が総出演する。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集