笑翁妙堪(しょうおう みょうたん、淳熙4年(1177年) - 淳祐8年3月27日1248年4月22日))は、南宋後期に活動した禅僧である。大慧下3世。

笑翁妙堪
淳熙4年 - 淳祐8年3月27日
1177年 - 1248年4月22日
生地 明州慈渓県
宗派 臨済宗大慧派
寺院 明州妙勝寺、明州光孝寺、台州報恩寺
平江府虎丘山、福州雪峰寺、霊隠寺
明州大慈寺、台州瑞巌寺、温州江心寺
浄慈寺、天童寺、阿育王寺
無用浄全
弟子 無文道璨、東湖道祥
テンプレートを表示

淳熙4年(1177年)に明州慈渓県で誕生する。俗姓は毛氏。臨安府霊隠寺の松源崇嶽に参禅した後、天童寺無用浄全の法を嗣いだ。

嗣法の後明州妙勝寺の住持となったのを始めとして、明州光孝寺、台州報恩寺、平江府虎丘山、福州雪峰寺を経て勅により霊隠寺の住持を務めた。次いで明州大慈寺の開山となり、台州瑞巌寺、温州江心寺、浄慈寺天童寺ならびに阿育王寺に歴住する。

淳祐8年(1248年)3月27日示寂。法嗣として無文道璨ならびに東湖道祥がいる。

参考文献編集

  • 禅学大辞典編纂所 編 『新版 禅学大辞典』p.1193 1985年
先代:
無用浄全
臨済宗破庵派
1207 - 1248
次代:
無文道璨
東湖道祥