メインメニューを開く

笠原 政晴(かさはら まさはる)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将後北条氏の家臣。「政尭」(まさたか)で広く知られるが、これは俗説で北条氏の文書上では「政晴」(まさはる)とされる。

 
笠原政晴
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正18年6月16日1590年7月17日
改名 政晴→正巌(号)
別名 通称:新六郎
主君 北条氏政氏直
氏族 松田氏笠原氏
父母 父:松田憲秀
兄弟 政尭松田直秀[1]
松田殿(北条氏康側室)、内藤直行[2]

目次

略歴編集

松田憲秀の長男[3] 。尚、「政」の字は北条氏政から偏諱を受けたものである。

従来、笠原信為の子・康勝の養子となってその後を継いだとされていたが、北条氏の文書では天正3年(1575年)に笠原綱信の子である美作守某の跡継ぎである千松が幼少であったために、天正11年(1583年)までの9年間の約束で陣代として笠原氏と伊豆郡代の地位を継いだことが判明している(松田敬一郎家所蔵文書「天正3年3月2日付北条氏政判物」)[4][5]

天正7年(1579年)に甲斐武田氏と北条氏の同盟関係が解消されると、武田家と隣接する防衛線には重臣が配されたが、中でも要害とされた武田氏の沼津城に隣接している戸倉城の守備を任された。が、その後2年間、他の諸城では武田氏との小競り合いが続き、戦功をあげる報告も届いたが、戸倉城からの戦功報告はなく[6]、家中では「臆病者」との風説が広がり、立場を悪くしていった。そんな最中、武田家臣で沼津城主の曾根昌長[7]から内応を持ちかけられ、天正9年(1581年)10月には武田氏に内応し、北条氏を離反。武田氏の支援を受け、同族(康勝の実子)の笠原照重(てるしげ)を攻めて敗死させている[8]

甲州征伐により武田氏が滅亡した後は戸倉城も失い、路頭に迷っていたが、父・憲秀の取り成しもあって北条氏に帰参を果たし、剃髪して正巌と号した。 豊臣秀吉小田原征伐では憲秀と共に秀吉方に降ろうとした事が露見、憲秀は監禁され、政晴も城内で殺害された。


一方で、政晴は僧になり、静岡県三島市の蔵六寺を開山し、寛永3年(1626年)に60歳で病死したとする同寺の寺伝が残っている。

子孫編集

「小須戸組旧家書上略」[9]には結新田の名主重助の先祖は北条の家臣松田尾張守長男笠原新六郎の長男笠原勘助としている。勘助は浪人となり、越後国へ下り、村松山手嶽村に来て、沖新保・山王興野・山崎村・島原村(現在の西蒲原郡黒埼町)を開発し、慶長13年(1608年)に島原村肝煎役となっている。その後、延享3年(1746年)に子孫の勘助が結新田(現在の新潟市秋葉区)の名主となり、その後は結新田の名主として続いている。

脚注編集

  1. ^ 北条氏直より偏諱を賜う、は直定・秀治とも、後に憲秀の一字を受け憲定に改名。
  2. ^ 内藤綱秀の子。
  3. ^ 一般に長男とされるが、天正9年(1581年)発給の武田勝頼の文書では政晴は「松田憲秀の次男」とされているので、記録に残らない(夭折など)上の兄がいた可能性もある。また、笠原光貞の次男・笠原新六郎常克と同一人物とする説では憲秀の養子となったが、実子の直秀が誕生したのでその跡を継げなかったとしている。
  4. ^ 下山治久編『後北条氏家臣団人名辞典』東京堂出版、2006年、ISBN 4490106963 P198「(笠原)政晴」・P 628「(松田)政堯」」
  5. ^ 岡潔「笠原千松」「笠原政堯」(戦国人名辞典編集委員会『戦国人名辞典』吉川弘文館、2006年) ISBN 978-4-642-01348-2
  6. ^ 戸倉城は三方を川に囲まれた天然の要害であり、攻めにくい城であったので、武田方が積極的に攻めてこなかった為に手柄をあげようにもあげられなかったという経緯もある。
  7. ^ 虎長の子または孫。
  8. ^ 岡潔、「笠原千松」、戦国人名辞典編集委員会編 『戦国人名辞典』 吉川弘文館、2006年。ISBN 978-4-642-01348-2 
  9. ^ 『新津市史 資料編 第二巻 近世一』p.616

小説編集