第一生命東戸塚教育センター新館

第一生命東戸塚教育センター新館(だいいちせいめいひがしとつかきょういくセンターしんかん)は、横浜市戸塚区東戸塚にある第一生命保険の研修所である。

第一生命東戸塚教育センター新館
中央が東戸塚教育センター新館、下層部右側はアトリウム
中央が東戸塚教育センター新館、下層部右側はアトリウム
施設情報
所在地 神奈川県横浜市戸塚区川上町89番地
座標 北緯35度25分55.2秒 東経139度33分21.9秒 / 北緯35.432000度 東経139.556083度 / 35.432000; 139.556083座標: 北緯35度25分55.2秒 東経139度33分21.9秒 / 北緯35.432000度 東経139.556083度 / 35.432000; 139.556083
状態 完成
竣工 1992年7月
用途 研修所
地上高
高さ 94.6m[1]
各種諸元
階数 地上23階、地下2階
敷地面積 5,375.37 [2]
建築面積 3,530.61 [2]
延床面積 26,148.34 [2]
構造形式 宿泊棟 - S造+CFT造SRC造
研修棟 - S造+SRC造+RC造+立体トラス
駐車台数 88台
関連企業
設計 竹中工務店
施工 竹中工務店
テンプレートを表示

建築編集

全国から集まる同社研修生の研修施設として、1992年に完成した。東戸塚駅西口の線路沿いに位置する。高層部は傾斜のついた塔屋と水平連続窓が外観の特徴で、4階から22階にかけては研修生の宿泊施設となっている[3]。最高部は94.6mであるが、傾斜地に建つためさらに高い印象を与える[1]。ギリシャ神話の宮殿の中庭を思わせる[4]低層部のアトリウム室内緑化が行われ、屋内での栽培が困難だったクロガネモチなどが植えられている[5]

1994年に日本建設業連合会主催第35回BCS賞[2]2003年には都市緑化機構主催第2回屋上・壁面・特殊緑化技術コンクール都市緑化技術開発機構理事長賞[6]を受賞している。

東戸塚教育センター本館は新館の近接地に1987年3月に竣工し、「社内総合大学」が創設された[7]2015年に解体され、跡地には分譲マンションが建設される[8]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 東戸塚西地区に関する都市計画市素案の説明会 (PDF)”. 横浜市建築局企画課 (2005年12月2日). 2017年1月19日閲覧。
  2. ^ a b c d 1994年 第35回BCS賞受賞作品 東戸塚教育センター新館
  3. ^ ル・コルビュジェと現代建築 (PDF)” (2004年12月18日). 2017年1月19日閲覧。
  4. ^ グリーンを活かした取組事例集 (PDF)”. 農林水産省花き産業・施設園芸振興室 (2012年5月). 2017年1月19日閲覧。
  5. ^ 実績紹介 室内緑化計画技術”. 竹中工務店. 2017年1月19日閲覧。
  6. ^ 第2回 都市緑化技術開発機構理事長賞:壁面・特殊緑化部門
  7. ^ 第一生命保険(相)『第一生命100年の歩み : すべては、お客さまと共に』(2002.04)”. 渋沢社史データベース. 2017年1月19日閲覧。
  8. ^ “三菱地所レジ 戸塚区で237戸の共住計画”. 建通新聞. (2015年2月13日). http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/150213400008.html 2017年1月19日閲覧。