メインメニューを開く

第1次ジャン=マルク・エロー内閣

第1次ジャン=マルク・エロー内閣(だい1じジャン=マルク・エローないかく、フランス語: Premier Gouvernement Jean-Marc Ayrault)は、ジャン=マルク・エロー首相に任命され、2012年5月15日から同年6月18日まで続いたフランスの内閣である。

第1次ジャン=マルク・エロー内閣
Gouvernement Jean-Marc Ayrault I
フランス第五共和政 第35代内閣
Jean-Marc Ayrault-meeting Hollande.jpg
ジャン=マルク・エロー首相
成立年月日 2012年5月15日
終了年月日 2012年6月18日
組織
元首 フランソワ・オランド
首相 ジャン=マルク・エロー
閣僚数 35
19(大臣)
16(担当大臣)
与党 社会党
左翼急進党
ヨーロッパ・エコロジー・緑の党
詳細
終了直前の選挙 2012年フランス国民議会選挙
議会任期 第13立法期
前内閣 第3次フランソワ・フィヨン内閣
次内閣 第2次ジャン=マルク・エロー内閣

概要編集

フランス第五共和政下における35代目の内閣であり、フランソワ・オランド大統領政権下における最初の内閣である。

組閣の経緯編集

2012年5月6日大統領選挙の第2回投票が実施され、社会党所属のフランソワ・オランド国民運動連合所属で現職のニコラ・サルコジを下して当選した。

5月10日第3次フィヨン内閣は総辞職し(同月15日まで職務執行)[1]、同月15日にオランド新大統領が就任すると、社会党所属の国民議会議員で国民議会社会党会派会長のジャン=マルク・エローを首相に任命して新たに組閣を命じ[2]、第1次エロー内閣が成立した。ジョスパン内閣以来10年ぶりとなる社会党内閣である。

5月16日、オランド大統領はエロー首相の提案に基づき、首相以外の閣僚を任命した[3]

初閣議編集

5月17日、新内閣の初めての閣議が開催され、以下のことが取り決められた[4]

  • オランド大統領の選挙公約であった、大統領および首相以下の全閣僚の給与の30%削減
  • 閣僚の兼職[注釈 1]を禁止する「倫理憲章」への署名
  • あらゆる利害対立に対する閣僚の関与の禁止

国民議会選挙と総辞職編集

2012年6月、国民議会選挙が実施された。第1次エロー内閣からは25人の閣僚が出馬しており、エロー首相は選挙で落選した閣僚には辞任を求めていた[5]

選挙は6月10日に第1回投票、6月17日に第2回投票が実施され、第1回投票ではエロー首相を含む6人の閣僚が当選し、第2回投票では残りの19人の閣僚全員が当選を果たした。

選挙の結果、社会党を中心とする左派勢力は先の大統領選挙に引き続き勝利を収めたが、選挙後の6月18日に第1次エロー内閣は慣例により総辞職した。同日、オランド大統領はエロー前首相を首相に再任して新たに組閣を命じ[6]第2次エロー内閣が成立した。

構成編集

第1次エロー内閣はエロー首相と18人の大臣(ministre)ならびに16人の担当大臣(ministre délégué)により構成される。

性別編集

大臣18人中9人、担当大臣16人中8人といずれも半数が女性であり、エロー首相を除く閣僚は男女17人ずつの同数となっている。これはオランド大統領の選挙公約に従ったものであり、閣僚が男女同数となるのはフランスの内閣として初めてのことである。しかし、重要ポストには依然として男性が就任しているとAFPは論評している[7]

所属政党編集

オランド大統領およびエロー首相が所属する社会党からの入閣者が大半を占めるが、先の大統領選挙の決選投票においてオランドに協力した左翼急進党およびヨーロッパ・エコロジー・緑の党からも入閣している。

  • 社会党所属: エロー首相、大臣16人、担当大臣13人
  • 左翼急進党所属: 大臣1人、担当大臣1人
  • ヨーロッパ・エコロジー・緑の党所属: 大臣1人、担当大臣1人
  • 左翼諸派所属: 担当大臣1人

出身分野編集

  • 国民議会議員: エロー首相、大臣12人、担当大臣9人
  • 元老院議員: 大臣1人
  • 欧州議会議員: 大臣2人、担当大臣2人
  • 地域圏議会議員: 大臣5人(うち2人は地域圏議会議長)、担当大臣3人
  • 議会議員: 大臣3人(うち2人は県議会議長)、担当大臣1人
  • パリ議会議員: 大臣3人(うち1人は長、1人は副区長)
  • 議会議員: エロー首相(市長)、大臣7人(うち3人は市長、2人は都市圏共同体議長、1人は副市長)、担当大臣4人(すべて市長)
  • 民間: 担当大臣1人

閣僚経験者編集

第1次エロー内閣の閣僚35人中、過去に閣僚経験を持つ者は以下の5人である。

年齢編集

いずれも組閣時点。

閣僚編集

所属政党:       社会党       左翼急進党       ヨーロッパ・エコロジー・緑の党       左翼諸派

首相編集

職名 氏名 所属政党
首相   ジャン=マルク・エロー
Jean-Marc Ayrault
社会党

大臣編集

職名 氏名 所属政党
外務大臣   ローラン・ファビウス
Laurent Fabius
社会党
国民教育大臣   ヴァンサン・ペイヨン
Vincent Peillon
社会党
国璽尚書
司法大臣
  クリスチャーヌ・トビラ
Christiane Taubira
ワルワリ
左翼急進党と選挙協力
経済・財務・貿易大臣   ピエール・モスコヴィシフランス語版
Pierre Moscovici
社会党
厚生大臣   マリソル・トゥーレーヌフランス語版
Marisol Touraine
社会党
地域間平等・住宅大臣   セシル・デュフロ
Cécile Duflot
ヨーロッパ・エコロジー・緑の党
内務大臣   マニュエル・ヴァルス
Manuel Valls
社会党
エコロジー・持続可能開発・エネルギー大臣   ニコル・ブリックフランス語版
Nicole Bricq
社会党
生産再建大臣   アルノー・モントブールフランス語版
Arnaud Montebourg
社会党
労働・雇用・職業教育・労使対話大臣   ミシェル・サパンフランス語版
Michel Sapin
社会党
国防大臣   ジャン=イヴ・ル・ドリアン
Jean-Yves Le Drian
社会党
文化・通信大臣   オレリー・フィリペティ
Aurélie Filippetti
社会党
高等教育・研究大臣   ジュヌヴィエーヴ・フィオラゾフランス語版
Geneviève Fioraso
社会党
女性権利大臣
政府報道官
  ナジャット・ヴァロー=ベルカセム
Najat Vallaud-Belkacem
社会党
農業・農産物食品業大臣   ステファヌ・ル・フォルフランス語版
Stéphane Le Foll
社会党
国家改革・地方分権・公務員大臣   マリリーズ・ルブランシュフランス語版
Marylise Lebranchu
社会党
海外県・海外領土大臣   ヴィクトラン・リュレルフランス語版
Victorin Lurel
社会党
スポーツ・青少年・社会教育・市民活動大臣   ヴァレリー・フールネロンフランス語版
Valérie Fourneyron
社会党

担当大臣編集

職名 氏名 所属政党
経済・財務・貿易大臣付
予算担当大臣
  ジェローム・カユザックフランス語版
Jérôme Cahuzac
社会党
国民教育大臣付
教育成功担当大臣
  ジョルジュ・ポー=ランジュヴァンフランス語版
George Pau-Langevin
社会党
首相付
国会関係担当大臣
  アラン・ヴィダリスフランス語版
Alain Vidalies
社会党
国璽尚書、司法大臣付副大臣   デルフィーヌ・バトフランス語版
Delphine Batho
社会党
地域間平等・住宅大臣付
都市担当大臣
  フランソワ・ラミフランス語版
François Lamy
社会党
外務大臣付
ヨーロッパ問題担当大臣
  ベルナール・カズヌーヴ
Bernard Cazeneuve
社会党
厚生大臣付
高齢者・要介護者担当大臣
  ミシェル・ドロネフランス語版
Michèle Delaunay
社会党
生産再建大臣付
手工業・商業・観光担当大臣
  シルヴィア・ピネルフランス語版
Sylvia Pinel
左翼急進党
経済・財務・貿易大臣付
社会的・連帯経済担当大臣
  ブノワ・アモン
Benoît Hamon
社会党
厚生大臣付
家族担当大臣
  ドミニック・ベルティノティフランス語版
Dominique Bertinotti
社会党
厚生大臣付
障害者担当大臣
  マリー=アルレット・カルロティフランス語版
Marie-Arlette Carlotti
社会党
外務大臣付
開発担当大臣
  パスカル・カンファン
Pascal Canfin
ヨーロッパ・エコロジー・緑の党
外務大臣付
在外フランス人・フランコフォニー担当大臣
  ヤミナ・ベンギギフランス語版
Yamina Benguigui
左翼諸派
エコロジー・持続可能開発・エネルギー大臣付
運輸・海運経済担当大臣
  フレデリック・キュヴィエフランス語版
Frédéric Cuvillier
社会党
生産再建大臣付
中小企業・イノベーション・デジタル経済担当大臣
  フルール・ペルラン
Fleur Pellerin
社会党
国防大臣付
退役軍人担当大臣
  カデル・アリフフランス語版
Kader Arif
社会党

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 例えば、閣僚と市長あるいは地域圏議会議長との兼職。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集