メインメニューを開く

第3次フランソワ・フィヨン内閣

第3次フランソワ・フィヨン内閣(だい3じフランソワ・フィヨンないかく、フランス語: Troisième Gouvernement François Fillon)は、フランソワ・フィヨン首相に任命され、2010年11月14日から2012年5月10日まで続いたフランスの内閣である。

第3次フランソワ・フィヨン内閣
Gouvernement François Fillon III
フランス第五共和政 第34代内閣
François Fillon 2010.jpg
フランソワ・フィヨン首相
成立年月日 2010年11月14日
終了年月日 2012年5月10日
組織
元首 ニコラ・サルコジ
首相 フランソワ・フィヨン
閣僚数 33
16(大臣)
9(大臣付大臣)
8(副大臣)
更迭された閣僚数
(逝去/辞任/解任)
6
5(大臣)
1(副大臣)
総閣僚数 39
21(大臣)
10(大臣付大臣)
12(副大臣)
与党 国民運動連合
新中道
詳細
議会任期 第13立法期
前内閣 第2次フランソワ・フィヨン内閣
次内閣 第1次ジャン=マルク・エロー内閣

概要編集

フランス第五共和政下における34代目の内閣であり、ニコラ・サルコジ大統領政権下における3番目かつ最後の内閣である。

組閣編集

2010年11月13日に、第2次フィヨン内閣は総辞職した[1]。翌14日、サルコジ大統領はフランソワ・フィヨン前首相を首相に再任して新たに組閣を命じ[2]、第3次フィヨン内閣が成立した。

同日、サルコジ大統領はフィヨン首相の提案に基づいて新閣僚を任命し[3]、同日20時15分、エリゼ宮殿前において、クロード・ゲアン大統領府事務総長が閣僚名簿を発表した。また、閣僚名簿は11月16日の官報に掲載された。

総辞職編集

2012年大統領選挙におけるサルコジ大統領の敗北を受けて、2012年5月10日に第3次フィヨン内閣は総辞職した[4]。ただし、新大統領による新首相の任命まで、第3次フィヨン内閣は通常の職務を遂行することとなった[5]

5月15日に、フランソワ・オランドが新大統領に就任した。同日、オランド大統領はジャン=マルク・エローを新首相に任命し[6][7]第1次エロー内閣が成立した。

閣僚編集

所属政党:       国民運動連合       新中道       民主運動       無所属

首相編集

職名 氏名 所属政党
首相
エコロジー・持続可能開発・運輸・住宅大臣[注釈 1]
  フランソワ・フィヨン
François Fillon
国民運動連合

国務大臣編集

職名 氏名 所属政党 備考
国務大臣
国防・退役軍人大臣
  アラン・ジュペ
Alain Juppé
国民運動連合 国務大臣・外務・ヨーロッパ問題大臣への就任に伴い、
2011年2月27日退任
国務大臣
外務・ヨーロッパ問題大臣
  ミシェル・アリヨ=マリー
Michèle Alliot-Marie
国民運動連合 2011年2月27日辞任
  アラン・ジュペ
Alain Juppé
国民運動連合 2011年2月27日任命[9]

大臣編集

職名 氏名 所属政党 備考
国防・退役軍人大臣   ジェラール・ロンゲ
Gérard Longuet
国民運動連合 2011年2月27日任命[9]
エコロジー・持続可能開発・運輸・住宅大臣   ナタリー・コシウスコ=モリゼ
Nathalie Kosciusko-Morizet
国民運動連合 2012年2月22日辞任[8]
国璽尚書
司法・自由大臣
  ミシェル・メルシエ
Michel Mercier
民主運動
内務・海外県・海外領土・地方自治体・移民大臣   ブリス・オルトフー
Brice Hortefeux
国民運動連合 2011年2月27日辞任
  クロード・ゲアンフランス語版
Claude Guéant
国民運動連合 2011年2月27日任命[9]
経済・財務・産業大臣   クリスティーヌ・ラガルド
Christine Lagarde
国民運動連合 2011年6月29日辞任[10]
  フランソワ・バロワン
François Baroin
国民運動連合 2011年6月29日任命[10]
労働・雇用・厚生大臣   グザヴィエ・ベルトラン
Xavier Bertrand
国民運動連合
国民教育・青少年・市民生活大臣   リュック・シャテルフランス語版
Luc Chatel
国民運動連合
予算・公会計・公務員・国家改革大臣
政府報道官
  フランソワ・バロワン
François Baroin
国民運動連合 経済・財務・産業大臣への就任に伴い、
2011年6月29日退任
予算・公会計・国家改革大臣
政府報道官
  ヴァレリー・ペクレス
Valérie Pécresse
国民運動連合 2011年6月29日任命[10]
高等教育・研究大臣   ヴァレリー・ペクレス
Valérie Pécresse
国民運動連合 予算・公会計・国家改革大臣・政府報道官への就任に伴い、
2011年6月29日退任
  ローラン・ヴォキエフランス語版
Laurent Wauquiez
国民運動連合 2011年6月29日任命[10]
農業・食料・漁業・農村地域・国土整備大臣   ブリュノ・ル・メールフランス語版
Bruno Le Maire
国民運動連合
文化・通信大臣   フレデリック・ミッテラン
Frédéric Mitterrand
無所属
連帯・社会的団結大臣   ロズリーヌ・バシュロ=ナルカン
Roselyne Bachelot-Narquin
国民運動連合
公務員大臣   フランソワ・ソヴァデフランス語版
François Sauvadet
新中道 2011年6月29日任命[10]
都市大臣   モーリス・ルロワフランス語版
Maurice Leroy
新中道
スポーツ大臣   シャンタル・ジュアノフランス語版
Chantal Jouanno
国民運動連合 2011年9月26日辞任[11]
  ダヴィド・ドゥイエ
David Douillet
国民運動連合 2011年9月26日任命[11]

大臣付大臣編集

職名 氏名 所属政党 備考
首相付
国会関係担当大臣
  パトリック・オリエフランス語版
Patrick Ollier
国民運動連合
経済・財務・産業大臣付
産業・エネルギー・デジタル経済担当大臣
  エリック・ベソンフランス語版
Éric Besson
国民運動連合
進歩主義者
国務大臣・外務・ヨーロッパ問題大臣付
協力担当大臣
  アンリ・ド・ランクールフランス語版
Henri de Raincourt
国民運動連合
内務・海外県・海外領土・地方自治体・移民大臣付
地方自治体担当大臣
  フィリップ・リシェルトフランス語版
Philippe Richert
国民運動連合
国務大臣・外務・ヨーロッパ問題大臣付
ヨーロッパ問題担当大臣
  ローラン・ヴォキエフランス語版
Laurent Wauquiez
国民運動連合 高等教育・研究大臣への就任に伴い、
2011年6月29日退任
  ジャン・レオネッティフランス語版
Jean Leonetti
国民運動連合 2011年6月29日任命[10]
労働・雇用・厚生大臣付
職業訓練・職業教育担当大臣
  ナディーヌ・モラノフランス語版
Nadine Morano
国民運動連合
内務・海外県・海外領土・地方自治体・移民大臣付
海外県・海外領土担当大臣
  マリー=リュス・パンシャールフランス語版
Marie-Luce Penchard
国民運動連合
エコロジー・持続可能開発・運輸・住宅大臣付
運輸担当大臣
  ティエリー・マリアニフランス語版
Thierry Mariani
国民運動連合 2011年6月29日任命[10]
エコロジー・持続可能開発・運輸・住宅大臣付
住宅担当大臣
ブノワ・アパリュフランス語版
Benoist Apparu
国民運動連合 2012年2月22日任命[8]

副大臣編集

職名 氏名 所属政党 備考
経済・財務・産業大臣付
貿易担当副大臣
  ピエール・ルルーシュフランス語版
Pierre Lellouche
国民運動連合
労働・雇用・厚生大臣付
厚生担当副大臣
  ノラ・ベラフランス語版
Nora Berra
国民運動連合
エコロジー・持続可能開発・運輸・住宅大臣付
住宅担当副大臣
ブノワ・アパリュフランス語版
Benoist Apparu
国民運動連合 住宅担当大臣への就任に伴い、
2012年2月22日退任
予算・公会計・公務員・国家改革大臣付
公務員担当副大臣
  ジョルジュ・トロンフランス語版
Georges Tron
国民運動連合 2011年5月29日辞任[12]
連帯・社会的団結大臣付副大臣   マリー=アンヌ・モンシャンフランス語版
Marie-Anne Montchamp
国民運動連合
共和国連帯
エコロジー・持続可能開発・運輸・住宅大臣付
運輸担当副大臣
  ティエリー・マリアニフランス語版
Thierry Mariani
国民運動連合 運輸担当大臣への就任に伴い、
2011年6月29日退任
経済・財務・産業大臣付
商業・手工業・中小企業・観光・サービス・自由業・消費担当副大臣
  フレデリック・ルフェーヴルフランス語版
Frédéric Lefebvre
国民運動連合
国防・退役軍人大臣付副大臣   マルク・ラフィヌールフランス語版
Marc Laffineur
国民運動連合 2011年6月29日任命[10]
連帯・社会的団結大臣付
家族担当副大臣
  クロード・グレフフランス語版
Claude Greff
国民運動連合 2011年6月29日任命[10]
国民教育・青少年・市民生活大臣付
青少年・市民生活担当副大臣
  ジャネット・ブグラーブフランス語版
Jeannette Bougrab
国民運動連合
国務大臣・外務・ヨーロッパ問題大臣付
在外フランス人担当副大臣
  ダヴィド・ドゥイエ
David Douillet
国民運動連合 2011年6月29日任命[10]
スポーツ大臣への就任に伴い、
2011年9月26日退任
  エドゥアール・クルティアルフランス語版
Édouard Courtial
国民運動連合 2011年9月28日任命[13]

内閣改造等編集

2011年2月27日の内閣改造編集

2011年2月27日チュニジアジャスミン革命時の対応を巡って論争となり、ミシェル・アリヨ=マリー国務大臣・外務・ヨーロッパ問題大臣が辞任した。アリヨ=マリーの後任にはアラン・ジュペ国防・退役軍人大臣が任命され、ジュペの後任にはジェラール・ロンゲ元老院国民運動連合会派会長が任命された[9]

ブリス・オルトフー内務・海外県・海外領土・地方自治体・移民大臣が辞任し、後任にクロード・ゲアン大統領府事務総長が任命された[9]

2011年5月29日の人事編集

2011年5月29日ジョルジュ・トロン公務員担当副大臣がセクハラで告訴され、辞任した[12][14]

2011年6月29日の内閣改造編集

2011年6月28日クリスティーヌ・ラガルド経済・財務・産業大臣が国際通貨基金の専務理事に選出されたのに伴い、翌6月29日に内閣改造が行われた。

ラガルドの後任にはフランソワ・バロワン予算・公会計・公務員・国家改革大臣・政府報道官が任命され、バロワンの後任として、ヴァレリー・ペクレス高等教育・研究大臣が予算・公会計・国家改革大臣・政府報道官に、フランソワ・ソヴァデが公務員大臣にそれぞれ任命された[10]。ペクレスの後任にはローラン・ヴォキエ・ヨーロッパ問題担当大臣が任命され、ヴォキエの後任にはジャン・レオネッティが任命された[10]

また、ティエリー・マリアニ運輸担当副大臣が運輸担当大臣に昇格した[10]

さらに、マルク・ラフィヌールが国防・退役軍人大臣付副大臣として、ダヴィド・ドゥイエが在外フランス人担当副大臣として、クロード・グレフが家族担当副大臣としてそれぞれ入閣した[10]

2011年9月26日の内閣改造編集

2011年9月25日元老院議員選挙が行われ、左派勢力が勝利を収めた。翌9月26日に内閣改造が行われ、シャンタル・ジュアノ・スポーツ大臣が元老院議員としての職務に専念するため、辞任した[11]。後任にはダヴィド・ドゥイエ在外フランス人担当副大臣が任命された[11]

2011年9月28日の人事編集

2011年9月28日、ドゥイエの後任として、エドゥアール・クルティアルが在外フランス人担当副大臣に任命された[13]

2012年2月22日の人事編集

2012年2月22日大統領選挙に臨み、ニコラ・サルコジ大統領のスポークスマンでもあるナタリー・コシウスコ=モリゼ・エコロジー・持続可能開発・運輸・住宅大臣が辞任した[8]。エコロジー・持続可能開発・運輸・住宅大臣の職務はフランソワ・フィヨン首相が兼任することとなった[8]

また、ブノワ・アパリュ住宅担当副大臣が住宅担当大臣に昇格した[8]

構成編集

  • 総辞職時点においては、フィヨン首相と国務大臣1人、大臣14人、大臣付大臣9人ならびに副大臣8人の合計33人の閣僚により構成されていた。
  • フランスの内閣として初めて日曜日に組閣が行われた。2011年2月27日の内閣改造および2011年5月29日の人事も同様に日曜日に行われた。
  • ミシェル・アリヨ=マリー国務大臣・外務・ヨーロッパ問題大臣とパトリック・オリエ国会関係担当大臣は事実婚の夫婦であり、夫婦が揃って入閣を果たしたのは初めてのことである[注釈 2][15]
  • ミシェル・アリヨ=マリーは女性として初めて外務大臣に任命された。
  • 第2次フィヨン内閣から第3次フィヨン内閣への交代(首相は再任されたが、内閣総辞職が先行しているため、内閣改造とは異なる)は、与党国民運動連合党首[注釈 3]の交代[16]国民議会における委員長2人[17]および与党会派会長[18]の交代、政府高官人事[19]ならびに大統領官房人事[20]と並行して行われた。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 2012年2月22日から[8]
  2. ^ フランソワ・ミソフエレーヌ・ミソフの夫婦はともに閣僚経験を持つが、同時に入閣したことはない。
  3. ^ 当時、国民運動連合の総裁は空席であり、幹事長が事実上の党首を務めていた。

出典編集

  1. ^ Décret du 13 novembre 2010 relatif à la cessation des fonctions du Gouvernement”. Légifrance. 2013年8月30日閲覧。
  2. ^ Décret du 14 novembre 2010 portant nomination du Premier ministre”. Légifrance. 2013年8月30日閲覧。
  3. ^ Décret du 14 novembre 2010 relatif à la composition du Gouvernement”. Légifrance. 2013年8月30日閲覧。
  4. ^ Décret du 10 mai 2012 relatif à la cessation des fonctions du Gouvernement”. Légifrance. 2013年8月30日閲覧。
  5. ^ フィヨン内閣総辞職”. 在日フランス大使館. 2013年8月30日閲覧。
  6. ^ Décret du 15 mai 2012 portant nomination du Premier ministre”. Légifrance. 2013年8月30日閲覧。
  7. ^ 新首相にジャン=マルク・エロー氏”. 在日フランス大使館. 2013年8月30日閲覧。
  8. ^ a b c d e f Décret du 22 février 2012 relatif à la composition du Gouvernement”. Légifrance. 2013年8月30日閲覧。
  9. ^ a b c d e Décret du 27 février 2011 relatif à la composition du Gouvernement”. Légifrance. 2013年8月30日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n Décret du 29 juin 2011 relatif à la composition du Gouvernement”. Légifrance. 2013年8月30日閲覧。
  11. ^ a b c d Décret du 26 septembre 2011 relatif à la composition du Gouvernement”. Légifrance. 2013年8月30日閲覧。
  12. ^ a b Décret du 29 mai 2011 relatif à la composition du Gouvernement”. Légifrance. 2013年8月30日閲覧。
  13. ^ a b Décret du 28 septembre 2011 relatif à la composition du Gouvernement”. Légifrance. 2013年8月30日閲覧。
  14. ^ “Georges Tron quitte le gouvernement”. Le Monde. (2011年5月29日). http://www.lemonde.fr/politique/article/2011/05/28/georges-tron-admet-que-la-question-de-sa-demission-se-pose_1528611_823448.html 2013年8月30日閲覧。 
  15. ^ “Alliot-Marie et Ollier, premier couple à siéger ensemble au gouvernement”. AFP. (2010年11月14日). http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5gXynM1CHEO6pb4-qIz9sof6XzYrw?docId=CNG.2218e7132bcb51e97dd5f3b237760999.cb1 2013年8月30日閲覧。 
  16. ^ “Copé intronisé à la tête d’une UMP atone et divisée”. AFP. LCP Assemblée nationale. (2010年11月17日). http://www.lcp.fr/actualites/politique/9433-cope-intronise-a-la-tete-d-une-ump-atone-et-divisee 2013年8月30日閲覧。 
  17. ^ “Assemblée : Grouard élu président de la commission du développement durable”. AFP. LCP Assemblée nationale. (2010年12月1日). http://www.lcp.fr/actualites/politique/9882-assemblee-grouard-elu-president-de-la-commission-du-developpement-durable 2013年8月30日閲覧。 
  18. ^ “Christian Jacob élu président du groupe UMP à l’Assemblée nationale”. AFP. LCP Assemblée nationale. (2010年11月23日). http://www.lcp.fr/actualites/politique/9630-christian-jacob-elu-president-du-groupe-ump-a-l-assemblee-nationale 2013年8月30日閲覧。 
  19. ^ “Important mouvement de préfets au Conseil des ministres”. AFP. LCP Assemblée nationale. (2010年11月24日). http://www.lcp.fr/actualites/politique/9679-important-mouvement-de-prefets-au-conseil-des-ministres 2013年8月30日閲覧。 
  20. ^ “Raymond Soubie nommé au Conseil économique et social”. AFP. LCP Assemblée nationale. (2010年10月27日). http://www.lcp.fr/actualites/politique/8710-raymond-soubie-nomme-au-conseil-economique-et-social 2013年8月30日閲覧。 

外部リンク編集