第17回ベルリン国際映画祭

第17回ベルリン国際映画祭は1967年6月23日から7月4日まで開催された。

概要編集

1967年のベルリン国際映画祭には東側諸国も招かれたが、ユーゴスラヴィア以外の国々はそれに応じず、運営陣にとっては残念な結果となってしまった。コンペティション部門に出品された20本の長編の中から、ベルギー映画『出発』が金熊賞に選ばれた。

受賞編集

上映作品編集

コンペティション部門編集

長編映画のみ記載。アルファベット順。邦題がついていない場合は原題の下に英題。
題名
原題
監督 製作国
Alle Jahre wieder ウルリッヒ・シャモニ   西ドイツ
Budjenje pacova
(The Rats Woke Up)
ジヴォジン・パウロヴィッチ   ユーゴスラビア
El ABC del amor
(The ABC of Love)
ロドルフォ・クーン   ブラジル  アルゼンチン  チリ
Het Gangstermeisje
(A Gangstergirl)
Frans Weisz   オランダ
Historien om Barbara
(Story of Barbara)
Palle Kjærulff-Schmidt   デンマーク
Här har du ditt liv
(This Is Your Life)
ヤン・トロエル   スウェーデン
Il Fischio al naso
(The Seventh Floor)
ウーゴ・トニャッツィ   イタリア
コレクションする女
La Collectionneuse
エリック・ロメール   フランス
La Notte pazza del conigliaccio
(The Strange Night)
Alfredo Angeli   イタリア
出発
Le départ
イエジー・スコリモフスキー   ベルギー
Le Mur
(The Wall)
Serge Roullet   フランス
老人と子供
Le vieil homme et l'enfant
クロード・ベリ   フランス
Liv Pål Løkkeberg   ノルウェー
Livet är stenkul
(Life's Just Great)
ヤン・ハルドフ   スウェーデン
Paranoia アドリアン・ディットボースト   オランダ
San
(The Dream)
Mladomir 'Purisa' Djordjevic   ユーゴスラビア
惜春 中村登   日本
哀愁の旅路
The Whisperers
ブライアン・フォーブス   イギリス
To Prosopo tis medusas ニコス・コンデュロス   ギリシャ  アメリカ合衆国
Tätowierung
(Tattoo)
ヨハネス・シャーフ   西ドイツ

審査員編集

外部リンク編集