メインメニューを開く

第2回選抜中等学校野球大会は、1925年大正14年)3月31日から4月5日(雨で1日順延)まで行われた選抜中等学校野球大会である。

日本の旗 第2回選抜中等学校野球大会
試合日程 1925年3月31日 - 4月5日
出場校 12校
優勝校 松山商愛媛、初優勝)
試合数 11試合
入場行進曲カレドニアン・マーチ
大会本塁打 6本塁打
 < 19241926 > 
選抜高等学校野球大会
テンプレートを表示

概要編集

この大会から兵庫県武庫郡鳴尾村(現在の西宮市)に新設された甲子園大運動場に移って開催された。また選考委員会が組織され、選考方針と方法が確立されたほか、大会で活躍した選手に対する個人賞が設けられた。

出場校編集

選出校 出場回数
横浜商 神奈川 2年連続2回目
長野商 長野 初出場
愛知一中 愛知 2年連続2回目
市岡中 大阪 2年連続2回目
甲陽中 兵庫 初出場
第一神港商 兵庫 初出場
和歌山中 和歌山 2年連続2回目
広陵中 広島 初出場
島根商 島根 初出場
高松商 香川 2年連続2回目
松山商 愛媛 2年連続2回目
鹿児島一中 鹿児島 初出場

組み合わせ・試合結果編集

1回戦 - 決勝編集

1回戦 準々決勝 準決勝 決勝

 広陵中 3

 松山商 4
 松山商 13
 横浜商 5
 

 
 松山商 7

 甲陽中 3
 長野商 2

 第一神港商 12
 第一神港商 2
 甲陽中 5
 

 
 松山商 3

 高松商 2
 市岡中 0

 高松商 15
 高松商 5
 和歌山中 3
 

 
 高松商 3

 愛知一中 1
 島根商 2

 愛知一中 11
 愛知一中 3x
 
 鹿児島一中 2
      
      

決勝スコア編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
高松商 0 0 0 0 2 0 0 0 0 2 2 2
松山商 0 0 0 0 0 0 3 0 X 3 6 1
  1. (高) : 宮武 - 神田
  2. (松) : 森本 - 中村
  3. 審判:球審…加藤、塁審…富樫・村上
  4. 試合時間:2時間20分

大会本塁打編集

  • 第1号:山下実(第一神港商)
  • 第2号:宮武三郎(高松商)
  • 第3号:空谷光友(松山商)
  • 第4号:森本茂(松山商)
  • 第5号:山下実(第一神港商)
  • 第6号:水野鉱一(愛知一中)

関連項目編集

外部リンク編集