メインメニューを開く

第11回全国中等学校優勝野球大会(だい11かいぜんこくちゅうとうがっこうゆうしょうやきゅうたいかい)は、1925年8月15日から8月23日まで甲子園大運動場で行われた全国中等学校優勝野球大会である。

日本の旗 第11回全国中等学校優勝野球大会
試合日程 1925年8月15日 - 8月23日
出場校 21校
参加校数 302校
優勝校 高松商四国香川、初優勝)
試合数 20試合
大会本塁打 8本塁打
 < 19241926 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

概要編集

この大会より、スコアボードのセンターポールに国旗と大会旗を掲揚するようになった。

大会では香川高松商が本州に所在する学校以外では初めての優勝し、真紅の大優勝旗が初めて四国に渡った。なお、高松商は、両大会の優勝経験を持つ最初の学校となった。

出場校編集

地方大会 代表校 出場回数
北海道 北海中 北海道 2年連続4回目
奥羽 秋田商 秋田 初出場
東北 仙台二中 宮城 初出場
関東 前橋中 群馬 初出場
東京 早稲田実 東京 4年連続5回目
神静 静岡中 静岡 2年連続2回目
東海 愛知一中 愛知 3年連続7回目
甲信越 長野商 長野 初出場
北陸 敦賀商 福井 初出場
京津 東山中 京都 初出場
大阪 市岡中 大阪 2年連続7回目
兵庫 第一神港商 兵庫 2年連続2回目
紀和 和歌山中 和歌山 11年連続11回目
山陰 米子中 鳥取 初出場
山陽 柳井中 山口 初出場
四国 高松商 香川 8年ぶり3回目
北九州 長崎商 長崎 初出場
南九州 熊本商 熊本 初出場
朝鮮 釜山中 朝鮮 初出場
満州 大連商 満州 3年連続4回目
台湾 台北工 台湾 初出場

試合結果編集

1回戦編集

  • 東山中 9 - 3 北海中
  • 米子中 2 - 0 前橋中
  • 和歌山中 2 - 0 熊本商
  • 大連商 6 - 0 仙台二中
  • (台北工 2 - 0 釜山中)(1回表・降雨ノーゲーム)
  • 釜山中 6 - 4 台北工

2回戦編集

  • 高松商 14 - 0 東山中
  • 第一神港商 10 - 4 米子中
  • 静岡中 3 - 2 愛知一中
  • 早稲田実 1 - 0 和歌山中
  • 大連商 5 - 2 長野商
  • 柳井中 4 - 3 釜山中
  • 長崎商 3 - 1 市岡中
  • 敦賀商 5x - 4 秋田商(延長11回)

準々決勝編集

  • 高松商 4 - 1 静岡中
  • 大連商 3 - 2 長崎商
  • 第一神港商 5 - 1 柳井中
  • 早稲田実 11 - 4 敦賀商

準決勝編集

  • 高松商 9 - 2 大連商
  • 早稲田実 4 - 3 第一神港商

決勝編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
高松商 0 5 0 0 0 0 0 0 0 5 8 0
早稲田実 0 0 0 0 0 0 0 3 0 3 10 3
  1. (高) : 宮武、本田、宮武 - 神田
  2. (早) : 高橋 - 平山
  3. 審判:球審…加藤、塁審…高浜・市岡

2回表、高松商先頭の4番宮武、5番井川が連続安打で出塁すると、続く6番の投ゴロを高橋が失策して高松商が1点先制。二死満塁となって1番小島が走者一掃の三塁打を放ち、続いての内野ゴロ失策で1点追加して決定的な5点を奪った。早稲田実は8回裏に4番七里が3点本塁打で追いすがったが及ばなかった。

大会本塁打編集

  • 第1号:加藤常雄(東山中)
  • 第2号:田上政男(北海中)
  • 第3号:多胡隆義(高松商)
  • 第4号:岡正(第一神港商)
  • 第5号:田中二夫(釜山中)
  • 第6号:山下実(第一神港商)
  • 第7号:小林政綱(早稲田実)
  • 第8号:七里正夫(早稲田実)

主な出場選手編集

関連項目編集

外部リンク編集