第38回主要国首脳会議

第38回主要国首脳会議(だい38かいしゅようこくしゅのうかいぎ、英語38th G8 Summit)は、2012年アメリカ合衆国メリーランド州キャンプ・デービッドにて開催された主要国首脳会議。別称はキャンプ・デービッド・サミット

第38回主要国首脳会議
キャンプ・デービッド・サミット
G82012 Logo.JPG
2012年第38回主要国首脳会議のロゴマーク
開催国 アメリカ合衆国
日程 5月18日-19日
会場 キャンプ・デーヴィッド
都市 メリーランド州フレデリック郡サーモント
前回 第37回主要国首脳会議(ドーヴィル・サミット)
次回 第39回主要国首脳会議(ロック・アーン・サミット)
中央上のオバマ米大統領から時計回りに、キャメロン英首相、メドヴェージェフ露首相、メルケル独首相、ファン・ロンパイ欧州理事会議長、バローゾ欧州委員会委員長、野田佳彦首相、モンティ伊首相、ハーパー加首相、オランド仏大統領。
UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝チェルシーイングランド)対バイエルン・ミュンヘンドイツ)のPK戦を観戦する首脳たち。左から、ガッツポーズのキャメロン英首相、オバマ米大統領、メルケル独首相、バローゾ欧州委員会委員長、オランド仏大統領。

出席者編集

ウラジーミル・プーチン大統領ではなくドミートリー・メドヴェージェフ首相が出席した理由は、建前では大統領に就任したばかりで新体制作りに専念するためとしているが、同年ロシアで開催予定のアジア太平洋経済協力ウラジオストク会議にアメリカのオバマ大統領が大統領選挙を理由に欠席することをすでに表明しており、その報復的な措置だったとも言われている[1]

日程編集

主な議論編集

  • 世界の石油市場に関するG8首脳声明
  • 食料安全保障及び栄養に関するG8の行動
  • エネルギー及び気候変動に関するG8の行動
  • 移行期にあるアラブ諸国とのドーヴィル・パートナーシップに関するG8の行動
  • 知的財産権・偽造及び不正医薬品への対処
  • 2012年不拡散及び軍縮に関する宣言

脚注編集

  1. ^ G8を欠席するプーチンの巧みな外交術 JBpress 2012年5月17日閲覧

外部リンク編集