メインメニューを開く

46th NSFC Awards

2011年1月7日


作品賞:
メランコリア

第46回全米映画批評家協会賞は、2011年の映画を対象としており、2012年1月7日に発表された[1][2][3]

目次

受賞編集

カッコ内の数字は獲得票数である。

作品賞編集

  1. メランコリア』(29)
  2. ツリー・オブ・ライフ』(28)
  3. 別離』(20)

監督賞編集

  1. テレンス・マリック - 『ツリー・オブ・ライフ』(31)
  2. マーティン・スコセッシ - 『ヒューゴの不思議な発明』(29)
  3. ラース・フォン・トリアー - 『メランコリア』(23)

主演男優賞編集

  1. ブラッド・ピット - 『マネーボール』、『ツリー・オブ・ライフ』(35)
  2. ゲイリー・オールドマン - 『裏切りのサーカス』(22)
  3. ジャン・デュジャルダン - 『アーティスト』(19)

主演女優賞編集

  1. キルスティン・ダンスト - 『メランコリア』(39)
  2. ユン・ジョンヒ - 『ポエトリー アグネスの詩』(25)
  3. メリル・ストリープ - 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』(20)

助演男優賞編集

  1. アルバート・ブルックス - 『ドライヴ』(38)
  2. クリストファー・プラマー - 『人生はビギナーズ』(24)
  3. パットン・オズワルト - 『ヤング≒アダルト』(19)

助演女優賞編集

  1. ジェシカ・チャステイン - 『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』、『テイク・シェルター』、『ツリー・オブ・ライフ』(30)
  2. ジーニー・バーリン - 『マーガレット』(19)
  3. シェイリーン・ウッドリー - 『ファミリー・ツリー』(17)

脚本賞編集

  1. アスガル・ファルハーディー - 『別離』(39)
  2. スティーヴン・ザイリアンアーロン・ソーキン - 『マネーボール』(22)
  3. ウディ・アレン - 『ミッドナイト・イン・パリ』(16)

撮影賞編集

  1. エマニュエル・ルベツキ - 『ツリー・オブ・ライフ』(76)
  2. マヌエル・アルベルト・クラロ - 『メランコリア』(41)
  3. ロバート・リチャードソン - 『ヒューゴの不思議な発明』(33)

外国語映画賞編集

  1. 別離』(67)
  2. Mysteries of Lisbon (28)
  3. ル・アーヴルの靴みがき』 (22)

ノンフィクション映画賞編集

  1. 世界最古の洞窟壁画 3D 忘れられた夢の記憶』(35)
  2. The Interrupters (26)
  3. Into the Abyss (18)

実験的映画賞編集

  • Seeking the Monkey King

映画遺産賞編集

  1. BAMシネマテーク - 16mmと35mm作品全てを納めた「コンプリート・ヴィンセント・ミネリ・レトロスペクティヴ」
  2. ロブスター・フィルム、グルーパマ・ガン映画・テクニカラー財団 - ジョルジュ・メリエスの『月世界旅行』カラー版の修復
  3. ニューヨーク近代美術館 - ワイマール映画レトロスペクティヴ
  4. フリッカー・アレイ - 初期ソビエト映画のランドマーク
  5. クリテリオン・コレクション - 「コンプリート・ジャン・ヴィゴ」の2ディスクDVDパッケージ

参考文献編集

  1. ^ 2011 Awards: "Melancholia," Pitt, Dunst, Brooks, Chastain, Malick”. National Society of Film Critics (2012年1月7日). 2012年1月7日閲覧。
  2. ^ Incontention - 'Melancholia,' Dunst and Pitt among National Society of Film Critics winners”. InContention (2012年1月7日). 2012年1月7日閲覧。
  3. ^ Steve Pond (2012年1月7日). “The Wrap - 'Melancholia' Named Best Picture by National Society of Film Critics”. The Wrap. 2012年1月7日閲覧。