メインメニューを開く

筒井 淳也(つつい じゅんや、1970年 - )は日本の社会学者。専門は計量社会学、家族社会学トロント大学社会学部客員教授等を経て、立命館大学産業社会学部教授不動産協会賞、社会調査協会賞受賞。

人物・経歴編集

福岡県古賀市出身。福岡県立福岡高等学校を経て、一橋大学社会学部卒業、一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了、同博士課程中退。2005年専門社会調査士。2008年、論文「親密性の社会学 : 縮小する家族のゆくえ」により一橋大学博士(社会学)。審査員は、平子友長町村敬志安川一[1][2]

光陵女子短期大学国際教養学科専任講師、名古屋商科大学総合経営学部助教授、トロント大学社会学部客員教授を経て、2014年から立命館大学産業社会学部現代社会学科教授。この間京都市男女共同参画審議会委員、岐阜大学地域科学部非常勤講師、京都大学大学院文学研究科非常勤講師、三重大学人文学部非常勤講師、関西学院大学大学院社会学研究科非常勤講師なども務める[1]

2016年不動産協会賞受賞[3]。同年、社会調査協会賞(優秀研究活動賞)受賞[4]

著作編集

単著編集

共著編集

  • 『Stataで計量経済学入門』(ミネルヴァ書房 2007年/第2版 2011年)
  • 『計量社会学入門』(世界思想社 2015年)
  • 『危機に対峙する思考』(梓出版社 2016年)
  • 『ポスト工業社会における東アジアの課題』(ミネルヴァ書房 2016)
  • 『社会学入門』(有斐閣 2017年)

訳書編集

  • アンソニー・ギデンズ『モダニティと自己アイデンティティ』(共訳)(ハーベスト社 2005年)
  • ナン・リン 『ソーシャル・キャピタル―社会構造と行為の理論』(共訳)(ミネルヴァ書房 2008年)

出典編集

外部リンク編集