計量

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

計量(けいりょう、measuring, measurement)とは、一般には、容器などの計量器を用いて、質量体積時間圧力といった物理量の具体的な数量を計ることをいう。計量法では、89量の「物象の状態の量」(物理量)を計ることを「計量」と定義している。89量の「物象の状態の量」以外の量を計ることは、計量法上の「計量」としては取り扱われない。

物象の状態の量編集

世の中には「長さ」、「質量」、「時間」など、数値でその大きさを表すことができる事象や現象があるが、計量法ではこうしたものを「物象の状態の量」と呼称している[1]。物象の状態の量とは、いわゆる物理量と考えて良い[注 1]

計量法では、対象とする「物象の状態の量」を、それらが取引又は証明、産業、学術、日常生活の分野での計量で重要な機能を期待されているという観点から、その数と種類を全部で、89量に限定的に規定している。

典型72量編集

「物象の状態の量」として熟度の高いものであり、計量法第2条第1項第1号に規定されている[2]。全部で72量ある。

その他の17量編集

「物象の状態の量」として熟度の低いものであり、計量法第2条第1項第2号[3]、計量単位令第1条[4]に規定されている。全部で17量ある。これらの量は計量法上の扱いが異なるために、上記の典型72量とは別に規定されている。

その他の広義の計量編集

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 「物象」とは森羅万象を指す

出典編集

  1. ^ 第1章 計量法の目的 新計量法とSI化の進め方、p.1、通商産業省SI単位等普及推進委員会、1999年3月
  2. ^ 計量法 第2条
  3. ^ 計量法 第2条第1項第2号
  4. ^ 計量単位令 第1条