メインメニューを開く

篠塚 義男(しのづか よしお、1884年(明治17年)9月15日 - 1945年(昭和20年)9月17日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将東京都出身。

陸軍士官学校第17期(1番/363名)、陸軍大学校第23期(恩賜,5番/52名)。

官報によると陸士の同期には、松村正員(中将、2番)、飯田貞固(中将、4番)、鈴木重康(中将、6番)、東條英機(大将、12番)、江橋英次郎(中将、19番)、荻洲立兵(中将、31番)、後宮淳(大将、39番)、渡久雄(中将、41番)、侯爵前田利為(大将、79番)、岩松義雄(中将、121番)等、錚々たる人物が名を連ねている。

尉官時代、歩兵第1聯隊長だった宇都宮太郎(大将、陸士旧7期陸大6期優等)と親しく交流し、宇都宮日記に名が見える。

陸軍中将時代の篠塚義男

日中戦争勃発後、1938年(昭和13年)6月第10師団長、1939年(昭和14年)9月には第1軍司令官として中国大陸を転戦、1941年(昭和16年)6月には軍事参議官となる。終戦後、1945年(昭和20年)9月17日に自決した。

年譜編集

  • 熊本地方幼年学校卒業(首席)
  • 中央幼年学校  卒業(首席)
  • 1905年(明治38年) 3月 陸軍士官学校卒業(17期、首席)
  • 4月21日   任 歩兵少尉、補 歩兵第1聯隊[1]
  • 1907年(明治40年)12月21日   任 歩兵中尉
  • 1911年(明治44年)11月 陸軍大学校卒業(23期、5位、恩賜の軍刀)
  • 1914年(大正3年) 1月    補 陸軍省軍務局獨国駐在)
  • 9月28日  任 歩兵大尉・歩兵第1聯隊中隊長
  • 1917年(大正6年) 9月 1日時点 陸軍省軍務局(瑞西国駐在)
  • 1920年(大正9年) 8月10日  任 歩兵少佐
  • 1923年(大正12年) 9月 1日時点 陸軍省軍務局課員
  • 1924年(大正13年) 8月20日   任 歩兵中佐
  • 11月29日   補 墺国在勤帝国公使館附武官洪国在勤帝国公使館附武官
  • 1927年(昭和2年) 2月22日  補 近衛歩兵第3聯隊
  • 1928年(昭和3年) 8月10日   任 歩兵大佐、補 参謀本部庶務課長
  • 1931年(昭和6年) 8月 1日   補 歩兵第1聯隊長
  • 1933年(昭和8年) 3月18日   任 少将
  • 1935年(昭和10年) 8月 1日   補 近衛歩兵第1旅団長
  • 1936年(昭和11年) 3月 7日   補 独立混成第1旅団
  • 12月 1日   補 中将
  • 1937年(昭和12年) 3月 1日   補 陸軍士官学校長
  • 1938年(昭和13年) 6月18日   補 第10師団長
  • 1939年(昭和14年) 9月 7日   補 第1軍司令官
  • 1941年(昭和16年) 6月20日   補 軍事参議官兼陸軍士官学校長
  • 1942年(昭和17年) 4月 1日  補 軍事参議官
  • 6月 2日   予備役
  • 1945年(昭和20年) 9月17日   自決

注・引用編集

  1. ^ 連隊長宇都宮太郎大佐、先任将校梅津美治郎(当時は是永姓)