メインメニューを開く

篠塚 義男(しのづか よしお、1884年9月15日 - 1945年9月17日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将東京都出身。陸士17期、陸大23期(恩賜)。

陸軍少将時代の篠塚義男

日中戦争勃発後、1937年昭和13年)6月第10師団長、1939年(昭和14年)9月には第1軍司令官として中国大陸を転戦、1941年(昭和16年)6月には軍事参議官となる。終戦後、1945年(昭和20年)9月17日に自決した。


年譜編集

注・引用 編集

  1. ^ 連隊長宇都宮太郎大佐、先任将校梅津美治郎(当時は是永姓)