米津 政容(よねきつ まさよし)は、江戸時代前期から中期にかけての大名武蔵国久喜藩3代藩主。官位従五位下出羽守

 
米津政容
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 天和2年(1682年
死没 元文4年7月27日1739年8月31日
改名 頼母(幼名)、政容
戒名 感月澄譚旛龍院
墓所 東京都江東区深川清澄町の本誓寺
官位 従五位下出羽守
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉家宣家継吉宗
武蔵久喜藩
氏族 米津氏
父母 米津政武
米津政矩
兄弟 政矩政容伊沢政周
大久保教寛正室、青木直宥正室
松平信定
本多忠英
政崇武田信村婚約者、
酒井忠陸正室、酒井忠陸継室、
近藤英用継室、青木直暢正室、
竹中元躊正室ら
テンプレートを表示

略歴編集

天和2年(1682年)、初代藩主・米津政武の次男として誕生。元禄11年(1698年)に父が隠居した際、家督は長兄・政矩が継ぎ、政容には別に上総国下総国国内で1000石を分与されて、寄合旗本に列した。その後は5代将軍・徳川綱吉の下で小姓並、次いで小姓として仕えていたが、政矩が元禄16年(1703年)に早世したため、その養子となって久喜藩の家督を継いだ。このとき、1000石は幕府に収公されたため、久喜藩は1万1000石となる。

綱吉からの寵愛は深く、綱吉が亡くなるまで小姓を務めた。その後も大番頭を経て、享保14年(1729年)11月に大坂定番に任じられたが、在任中の元文4年(1739年)7月27日、大坂で死去。享年58。

跡を三男・政崇が継いだ。

系譜編集