メインメニューを開く

本多 忠英(ほんだ ただひで)は、大和国郡山新田藩第2代藩主、のち播磨山崎藩初代藩主。政信系本多家2代。郡山藩本多政勝の三男。初名は政貞

 
本多忠英
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 正保4年(1647年
死没 享保3年6月24日1718年7月21日
改名 政貞(初名)→忠英
別名 才兵衛(通称
戒名 霊雲院殿前肥州宰吏乾山元享大居士
墓所 東京都台東区北上野の燈明寺
官位 従五位下肥前守、肥後
幕府 江戸幕府
郡山新田藩主→播磨山崎藩
氏族 本多氏
父母 父:本多政勝、母:服部小右衛門の娘
養父:本多政信
兄弟 勝行政利忠英
正室:本多忠統の娘
継室:七姫南部重信の次女)
側室:加藤典助の娘、小池三平の娘、錦織八郎太夫の娘
忠良忠方忠辰忠強(四男)、娘(花房職勝正室のち米津政容継室)
テンプレートを表示

生涯編集

寛文2年(1662年)、嗣子がなかった本多政信の養子となって家督を継ぐ。延宝7年(1679年)、郡山新田藩から新たに播磨山崎藩1万石に移された。このときにも政貞から忠英に改名する。天和2年(1682年)からは宗家で姫路藩主となった同族の本多忠国の補佐に務め、宝永元年(1704年)に忠国が死去して本多忠孝が跡を継ぐと、姫路本多家は忠孝が幼少であるということから越後村上藩に移された。そして、忠孝が宝永6年(1709年)に早世し、嗣子がなかったため、忠英の長男・忠良がその養嗣子となって村上藩主となった。

藩政においては質素倹約に努めた。さらに忠英自身が茶、絵、華道に長けた教養人であったことから、狩野常信片岡醇徳らを招聘して文化的発展に尽力した。しかし宝永元年(1704年)に城下町の大半が焼失して窮民が一気に増大し、それによって藩政は不安定化した。

享保3年(1718年)6月24日、72歳で死去した。次男の忠方が跡を継いだ。