メインメニューを開く
国道13号標識

糠野目橋(ぬかのめばし)は、山形県東置賜郡高畠町に架かる

糠野目橋
基本情報
日本の旗 日本
所在地 山形県東置賜郡高畠町
交差物件 最上川
構造諸元
形式 コンクリート橋
全長 188 m[1]
7 m[1]
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

概要編集

最上川に架かる橋で、国道13号が通る。

1878年、現在の場所から約100 m下流の場所に松川橋として架橋。主要道路に架かる橋として、1871年から一時通行有料化されていた[1]

1956年8月に現在の橋が完成。石橋がコンクリート橋となり、名称も糠野目橋に改称となる。1969年4月、橋の西側に歩道用の橋が架けられ、1993年3月には東側に自転車用の橋が架けられた。

糠野目橋付近には「糠野目水辺の楽校」と題した河川敷が整備されており、江戸時代は最上川舟運の最終舟着き場であった[1]

最上川に架かる国道13号の橋の中では1番下流部に位置する[2]

脚注編集

  1. ^ a b c d やまがた橋物語-最上川第5部【糠野目橋(高畠)】|山形新聞”. 山形新聞. 2016年6月3日閲覧。
  2. ^ 尾花沢市で最上川と隣接するが、国道13号上に橋は架けられていない。

外部リンク編集

  • 糠野目橋 - 国土交通省 東北地方整備局 山形河川国道事務所(最上川電子大事典)

座標: 北緯37度59分12.5秒 東経140度8分27.7秒