素木 しづ(しらき しづ、1895年3月26日 - 1918年1月29日)は、日本小説家

素木しづ

来歴・人物編集

1895年(明治28年)、札幌に生まれる。昆虫学者・素木得一の妹。庁立札幌高等女学校(現北海道札幌北高等学校)卒業後、結核性関節炎が悪化し右足を切断。1913年(大正2年)、小学校から同期だった森田たま[1]に数日遅れて森田草平門下に入る。同年処女作『松葉杖をつく女』を、翌年『三十三の死』を発表。新進女流作家としての地位を築く。1915年(大正4年)画家の上野山清貢(うえのやま きよつぐ)と結婚し(婚姻届を出したのは1917年(大正6年))、年末子供をもうける。1918年(大正7年)、肺結核のため伝染病研究所で死去[2]

なお、同年代の女流作家・尾崎翠は『新潮』1916年10月号に、「最も期待する作家・素木しづ氏について」という文章を寄せており、浅からぬ関心を抱いていたと思われる。

著書編集

関連文献編集

脚注編集

  1. ^ 『札幌人名事典』164頁
  2. ^ 大塚英良『文学者掃苔録図書館』(原書房、2015年)116頁

外部リンク編集