素野 福次郎(その ふくじろう、1912年大正元年)8月27日 - 2004年平成16年)4月12日)は、日本実業家。第3代TDK代表取締役社長

人物・経歴編集

兵庫県神戸市生まれ。1930年育英商業学校(現育英高等学校)卒業。1932年に神戸高等工業学校(現神戸大学工学部)を中退し、鐘淵紡績に入社するが、慶應閥で将来がないと考え退社。1937年に当時従業員4名だった東京電気化学工業(現TDK)に入社し、営業を担当。太平洋戦争中は1941年から1942年まで満州国ジャムス市で従軍し、日本の降伏後の1947年に東京電気化学工業常務取締役に就任した。1962年東京電気工業専務取締役。1969年から東京電気工業取締役社長を務め、人材登用を進めるなどして事業を拡大させた[1][2]バラ愛好家としても知られた[3]

著書編集

脚注編集

  1. ^ 「第91回 「私心なく働く人に人は付き従う。能力のあるなしも、学歴も、まったく関係ない。」TDK 元社長 素野福次郎」経営プロ編集部 2016/01/27
  2. ^ 石井耕「急成長企業の企業家と組織を支えたのは誰か」北海学園大学経営論集, 15(4): 1-15
  3. ^ 「山梨)工場のバラ一般公開 南ア・TDK工場」朝日新聞デジタル2019年5月18日03時00分


先代:
山崎貞一
TDK(旧東京電気化学工)社長
1969年 - 1983年
次代:
大歳寛