統一国民党 (韓国)

統一国民党(とういつこくみんとう)は、盧泰愚(ノ・テウ)政権金泳三(キム・ヨンサム)政権時代の韓国に存在した政党。略称は「国民党」。韓国の大手財閥「現代グループ」の名誉会長(当時)であった鄭周永(チョン・ジュヨン)が結成した。

統一国民党
各種表記
ハングル 통일국민당
漢字 統一國民黨
発音 トンイルグンミンダン
テンプレートを表示

概要編集

1992年1月3日に鄭周永が政界進出と新党結成を表明、金東吉らが結成していたセハン党(新しい韓国党)や民主自由党を離脱した朴哲彦らの一派を吸収して2月2日に統一国民党を旗揚げした。結成直後の3月に行なわれた総選挙では31議席(地域区24議席+全国区7議席)を獲得して躍進したが、12月に行なわれた大統領選挙では、金泳三金大中(キム・デジュン)の二金の争いに埋没、大統領候補の鄭周永は16.3%の得票で3位に終わった。大統領選挙に敗れた鄭周永は政界から引退を表明、離党者が続出した。その後、1994年5月に「新民党」(70年代の新民党とは関係なし)へ党名を改称、7月に朴燦鍾率いる新政治改革党と合同し、1995年3月に結成された自由民主連合(自民連)に合流した。

党勢推移編集

大統領選挙
候補者 得票数 得票率 当落
1992年12月18日 第14代大統領選挙 鄭周永 3,880,067 16.3% 落選(3位)
総選挙
議席数 得票数 得票率
合計 地域区 全国区
1992年3月24日 14代総選挙 31 24 7 3,574,419 17.4%

出典資料編集

関連項目編集