メインメニューを開く

ヒュンダイ

韓国の財閥のひとつ

ヒュンダイ朝鮮語: 현대/現代〈ヒョンデ〉)とは、鄭周永によって創設された大韓民国の旧大規模企業集団で、かつては韓国財閥トップであった。その後の主力事業の独立・売却後は中堅企業[1]。現在は現代商船現代峨山を傘下にもつ[2]

ヒュンダイ
各種表記
ハングル 현대
漢字 現代
発音 ヒョンデ
ローマ字 Hyeondae(2000年式
Hyŏntae(MR式
英語表記: Hyundai
テンプレートを表示

概要編集

韓国経済危機以前には、現代財閥は自動車、造船、建設、海運、電子工業など、様々な業種の企業を傘下に持つ韓国最大級の財閥であったが、韓国経済危機及び創業者の死去に伴う後継争いなどから分裂し、かつては現代自動車及び現代重工業などを傘下に持っていて、韓国の財閥で1位だったが分裂後は4つのグループに分裂し、それぞれ独自にビジネスを展開している。逆に源流だった現代財閥は上記旧傘下企業グループの規模を下回っている[1]。金剛山観光事業は、グループの全体的な業績悪化を招き、2003年以降には現代電子と現代建設がワークアウト(企業改善作業)に突入、中心的な系列会社だった現代証券を含む金融系列会社本体や現代商船も自動車運搬船など利益の出ていた事業を売却せざるを得なくなった。現代グループは対北事業開始から20年で中堅企業レベルまで規模が縮小した。2015年には大規模企業集団基準(資産規模5兆ウォン)を下回り、法的にも「中堅企業」の地位になった。現代グループは2015年の公定資産(12兆5664億ウォン)基準で財界21位[1]。金剛山観光事業をで稼いだカネで核兵器を完成させた後、金正恩は現代に利用価値がなくなったと判断して金剛山から撤去を命じている。韓国の財界は「核兵器開発と韓国政府の一方的な『求愛』によって、北朝鮮は南北関係で確実な主導権を握った」「20年間、韓国政府を信じて厳しい試練を甘受してきた現代グループだけがスケープゴートとして残って没落した様子を兎死狗烹と例えている[2]

沿革編集

1934年、京城に米問屋の京一商会を設立。

1946年、ソウルで現代自動車工業社(自動車修理業)、翌年、現代土建社(後の現代建設)を開業[3]

1967年、現代自動車設立、翌年「コルティナ」生産開始[4]

1972年、韓国初となる造船業に進出し、蔚山に現代造船所(後の現代重工業)を建設[5]

1976年、Asia Merchant Marine(後の現代商船)設立[6]

1983年、現代電子産業(後のSKハイニックス)設立[7]

韓国経済危機による財閥分裂・再編編集

1997年に経営破綻した起亜自動車現代自動車が買収し経営統合。現代-起亜自動車グループを作る[8]1997年韓国経済危機の時に経営難に陥った現代財閥は解体され、現代-起亜自動車グループは現代財閥から2000年に分離[9]、翌2001年8月には現代建設及びハイニックス半導体(後のSKハイニックス)も現代グループの手を離れた[10]

現代重工業グループも2002年に現代財閥から分離し[11]、別会社のグループとして存続している。

2016年現在、かつての現代財閥は、主に下記の4つの集団に分裂している。

  1. 韓国の現代グループ。現代峨山現代商船を中心とした財閥[2][12]
  2. 現代-起亜自動車グループは韓国最大の自動車会社である。代表は鄭周永の次男の鄭夢九
  3. 現代重工業グループ。2002年に現代財閥から分離。代表は鄭周永の六男の鄭夢準
  4. 現代百貨店。鄭周永の三男の鄭夢根が率いている。

現代財閥の本家筋は1の現代グループであるが、現代自動車グループと現代重工業グループが大規模企業集団であるのにたいして、中堅企業という小規模なグループになっている[1]。1の現代峨山現代商船を中心とした財閥は鄭周永の後継者とされた五男の鄭夢憲が率いていたが、2003年に自殺後、妻の玄貞恩が後を継いでいる[13]

3の現代重工業グループは2002年に現代財閥から分離。代表は鄭周永の六男の鄭夢準。また鄭夢準峨山財団理事長を務めており、峨山財団にはソウルで三星医療院などと並ぶ総合病院であるソウル峨山病院などの医療施設や福祉機関が所属している。

2000年代後半から2010年代にかけては、債権団管理下にあるかつてのグループ有力企業を巡る買収合戦が繰り広げられ、現代重工業が2009年と2010年にそれぞれ現代総合商事現代オイルバンク[5]現代自動車は2011年に現代建設を、それぞれ1の現代グループと争った末、買収した[3]

会社の名称編集

 
現代商船のコンテナ

日本での呼び名は「ヒュンダイ」「ヒョンデ」と2種類があるが、前者は「現代」の韓国式ローマ字表記“Hyundai”を日本語読みしたもので、後者は朝鮮語の発音に近い読み方(文化観光部2000年式: “Hyeondae”、マッキューン=ライシャワー式:“Hyŏntae”)をしたものであり、語源としては同じである。

英語での発音は様々見られる。

  1. [ˈhjʌndeɪ] ヒャンデイ、[ˈhʌndeɪ] ハンデイ
  2. [ˈhjʌndaɪ] ヒャンダイ、[ˈhʌndaɪ] ハンダイ
  3. [haɪˈuːndaɪ] ハイウーンダイ
  4. [hiˈʌndeɪ]アンデイ

なお、ヒュンダイモータージャパン(現代自動車100%出資の日本販売法人)の場合はブランド名・法人名共に「ヒュンダイ」を日本国内での正式呼称としている[14]。 またロゴマークは現代自動車とは異なり正三角形を2つ重ね合わせたものを使用している(日本では物流用のコンテナなどでこのロゴマークを目にすることが多い)。

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 一時は財界1位だった現代グループ「中堅企業」になる模様” (日本語). 中央日報 - 韓国の最新ニュースを日本語でサービスします. 2019年10月31日閲覧。
  2. ^ a b c 財界も激高「北、現代グループの金で核兵器完成させ『兎死狗烹』」-Chosun online 朝鮮日報”. archive.is (2019年10月29日). 2019年10月31日閲覧。
  3. ^ a b 現代自、現代建設を買収 韓国の旧財閥「本家争い」決着”. 日本経済新聞 (2011年3月8日). 2016年9月7日閲覧。
  4. ^ History” (英語). HYUNDAI MOTOR COMPANY. 2016年9月7日閲覧。
  5. ^ a b History” (英語). Hyundai Heavy Industries. 2016年9月7日閲覧。
  6. ^ History” (英語). HYUNDAI Merchant Marine. 2016年9月7日閲覧。
  7. ^ History” (英語). SK HYNIX. 2016年9月7日閲覧。
  8. ^ ヒュンダイモーターの歴史”. 現代自動車ジャパン. 2016年9月7日閲覧。
  9. ^ 現代車グループ、上半期の営業利益で三星を追い越す”. 東亜日報 (2011年10月26日). 2016年9月7日閲覧。
  10. ^ 現代グループ、財界第5位に”. 中央日報 (2001年7月31日). 2016年9月7日閲覧。
  11. ^ 現代重工業、現代グループから系列分離”. 中央日報 (2002年2月28日). 2016年9月7日閲覧。
  12. ^ ホテル・病院・すり鉢ホールのゴルフ場…金正恩の一言で撤去危機の金剛山施設-Chosun online 朝鮮日報”. archive.is (2019年10月29日). 2019年10月31日閲覧。
  13. ^ 故정몽헌회장 부인,현대그룹회장 취임” (朝鮮語). 東亜日報 (2003年10月21日). 2016年9月7日閲覧。
  14. ^ FAQ Q.09 新聞ではよく「現代」と書いてあるのですが、一般的にはどう呼ぶのですか?” (日本語). ヒュンダイモータージャパン. 2009年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月8日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集